フィンランドのサーキュラー・エコノミー・ロードマップ 2.0v

2016年に世界初のサーキュラーエコノミー ・ロードマップを発行したフィンランド。先日2.0版がリリースされました。

初版では、食料・森林・テクニカル(技術分野)・輸送交通と物流の4分野にフォーカスするよう設定されていました。

今回は3年間の活動を基に、さらに横断的で戦略的な4つの目標を設定しました。

 

横断的で戦略的な目標

1, 競争力と活力の基盤を更新していくこと

CEを促進することは、フィンランドの経済を発展させること。CE経済は、年間数十億ユーロに達する付加価値を生み出し、世界市場におけるフィンランド企業の競争力を高め、新たな雇用を生み出す可能性がある。

2, 低炭素エネルギーへ移行すること

CE発展と地球温暖化の1.5度上昇への制限を実現するために、国内政策と欧州連合の気候とエネルギー政策の両輪で実行するたな雇用を生み出す可能性がある。

3, 天然資源は詐欺行為。徹底的なリサイクルおよび天然資源の使用に配慮すること

原材料を繰り返しリサイクルすること、製品の資源効率を考えCEビジネスモデルの採用へ転換する。

4, CEへ移行するための日常の決断に変化をもたらす  

現在のフィンランドの生活様式では、およそ4つの地球の天然資源を必要とする。そのため、文化、課税、所得分配の観点から、モノの所有について新しい方法を採用する必要がある。

では、こうした目標は一体だれがやるのでしょうか?
フィンランド社会における各プレイヤーのためのビジョンが掲げられました。

 

各プレイヤーのためのビジョン

政府

すべての行政部門がCE経済に影響を与える必要がある。そのため省庁間の協力は不可欠である。

自治体

産業政策と公共調達、教育、そしてよりスマートな土地利用のための解決策を見つけるための新しい基盤を提供する。

民間企業

CE事業は、企業間および企業と公共機関との間に新しいコラボレーションを生み出す。

国民

CEへの移行に向けてさらなる貢献を実施する。

 

これらのビジョンを実現するために、現在、すでに実施されているCE移行への代表的なアクション16項目が照会されています。一人ひとりができるアクションをみつけて取り組むように促進されています。

 

CEアクションの事例

  1. バッテリーエコシステムの確立
  2. 産学連携における共生都市の構築
  3. 使用済みの建築資材のデータベースの構築
  4. 建設業におけるCE基準の採用
  5. 合成生物学の促進
  6. 繊維廃棄物を原材料とした新素材の開発
  7. リサイクル製品の品質システムの確立
  8. フィンランド企業における水に関する世界的なリーダーシップ
  9. 持続可能な生活様式の実行で気候変動の緩和に貢献
  10. 持続可能な生活とCEに関する教材を小学校へ提供
  11. CEビジネスへの移行に向けた迅速なパイロットプロジェクトの実施
  12. ショッピングセンター内にCEセンターを設置
  13. CEビジネスを国際的に加速するためのCE投資プログラムの実行
  14. 材料の再利用に関する安全上のリスク管理の確立
  15. 炭素吸収源としての農場の利用についての研究
  16. CEビジネスへの移行支援のための製造業向けのビジネスツールの提供

 

こうしたアクションをはじめCEをどのようにモニタリングしていくのでしょうか?

 

あらゆるモニタリングの実施

CEへの移行は、特定の材料や分野に限定されません。CE全体に影響を及ぼし、すべての製品とサービスに関わる体系的な変化です。したがって、CE移行への進捗状況をモニタリングすることは困難な作業です。 

CEを測定するために、既存の統計などを使用することができますが、新しい種類の統計手法も必要です。モニタリングの結果は、新しい取り組みの優先順位を決定する際のベースラインとして使用できます。

フィンランドの国レベルとしてのモニタリング、欧州連合におけるモニタリング、このほか特許出願や資源生産性または付加価値の視点など、あらゆる視点からモニタリングを実施しているようです。

 


着実にロードマップの道を歩んでいるフィンランド。2018年はCE元年と言えるほど、スタートアップ企業を中心としてCEビジネスが生まれました。

今年2019年は、第3回目の世界サーキュラーエコノミー ・フォーラムを6月に再びヘルシンキで開催予定です。

 

参照資料:FINLAND’s Road Map to the Circular Economy 2.0

 

 

広告

さようなら2018年

毎年恒例の一年の振り返りと次年への抱負などを書いていきます。

2018年は、業務時間が昨年よりさらに増えたこともあり、業務量が一気に増えました。レポーティング業務を中心に、あらゆる方面からさまざまなお問い合わせをいただきまして、この場を借りてお礼を申し上げます。

今年は、思いもかけない方々からのお問い合わせや出会いがあった年でした。その中で、今まで培ってきた能力や経験を還元できる機会がありました。20代は挑戦、30代は深化、40代は社会還元、と自分のキャリアが正にその流れに乗ってきたことは、とても嬉しく思いました(すべてがこれに当てはまるわけではありませんが)。

さて、私が2003年のCSR元年からこのサステナビリティ分野に関わり15年が過ぎました。途中、この世界からやや離れた時期もありましたが、15年間関わってきたからこそ見えてきた課題があります。

レポーティング(情報開示)の知識や支援を深めると同時に、今後はサステナビリティ活動そのものにもう少し焦点をあて、取り組みの初段階からの支援を強化していきたいと考えています。

この世界に関わった15年とは、SDGsの目標達成期間と同じ長さです。今から15年前の日本社会を振り返ってみると、「『環境』では食べていけない・利益がでない」「サステナビリティって何?」「本業と違うことして何になる?」という反応が多かったです。

そこから今現在をみると、日本の大企業を中心に認知度や理解度は格段に上がり、行動や成果も分野によっては多少変化がみられるようになってきました。もちろん個人の意識にも変化がありました。

今から15年先はどうでしょうか?まだまだ認知度や理解度の浸透は図っていかなくてはなりませんが、行動や取り組みの成果を出していかなければなりません。

そのようなことも考えながら、来年以降は少しずつ別のアプローチでも支援していきたいと考えています。

来年は、フィンランドに在住して7年目になります。フィンランドの市場は日本と比べてかなり小さいですが、小さいが故に動きが速いのが目に止まります。

2018年は、サーキュラーエコノミー 関連のビジネスがあちらこちらで沸き起こり、独立記念日の大統領夫妻による祝賀会のテーマが「環境」となるほどの盛況ぶりでした。

2019年はどんな年になるのでしょうか?日本にとっては、平成が終わり新しい時代が幕を開けます。そのような年に、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を迎えます。

個人として、引き続き両国への関わりを微力ながらもさらに広めて、持続可能な社会への支援を深めていきたいと思います。

今年一年ご愛読および事業サービスをご利用いただきありがとうございました。
それでは良いお年をお迎えくださいませ。

Rauhallista Uutta Vuotta!