テクノロジーで社会課題を解決するフィンランドのスタートアップ

昨日、安倍首相がフィンランドを訪れた際に「日本はフィンランドに親近感がある。なぜなら日本国民はムーミンやサンタクロースが好きだから」なんていうニュース記事がありました。

ですが最近はフィンランドといえばスタートアップ”SLUSH”という人もいるほど、起業文化が醸成されています。

先日の世界サーキュラーエコノミーフォーラムでは、「資源循環」をビジネスとしている企業の表彰があり、受賞企業は偶然にもスタートアップビジネスの企業でした。今回はその企業をご紹介したいと思います。

 

食品ロスを抑えるためにレストランと消費者をマッチング
ーResQ社

ブッフェスタイルの多いフィンランドのレストラン。最近では伝統料理に加えて、中華や寿司ブッフェも増えてきています。しかしブッフェだと大量に食品が余ってしまいますよね。そこで食品ロスを抑えるために、カフェやレストランと消費者をつなぐマッチングサービス”ResQ”が誕生しました。

今日のランチが余りそうだな、というお店がアプリに登録すると、その近くにいるユーザーへ通知が届きます。欲しいユーザーは、電子決済で前払いして、同日の指定時刻までに取りに行くという至ってシンプルな仕組み。

 

食べ物を捨てるのがもったいない
ーテクノロジーで社会課題を解決

ドイツの「mealsaver」とフィンランドの「ResQ」社の合併ビジネスでベルリンを拠点とするスタートアップ起業。食べ物を捨てるのがもったない。まだ食べられるのに食品管理上、早めに捨ててしまう現状から食品ロスが急増。そんな問題をテクノロジーで解決したい、という想いからビジネスが始まりました。

青年期をタンザニアと南アフリカで過ごしたResQ社のCEOであるTuure Parkkinen氏は、「純粋に感情的な理由で会社を設立したくはなかった。しかし、この食品廃棄物の問題は明らかで、人々の生活をより良くするために具体的な行動を起こしたかった」とスタートアップ設立の背景を述べています。

現在フィンランド国内には首都圏を中心とするおよそ200店舗がResQに登録。

実際に先述のフォーラムの帰りに中華レストランのランチロスを買ってみたところ、特に味が落ちていることもなく、夕食の一品として美味しくいただきました。

フィンランドのNatural Resources Instituteによると、フィンランド国内のレストランでは調理した食糧の5分の一が廃棄されて、毎年約8000万キロの食品ロスが発生しているといいます。

そのような状況から、フィンランドのSDGsやサーキュラーエコノミー(CE)の目標には、食品ロスの削減が含まれています。

このResQ社は決してSDGsやCEの目標に準拠したわけではなく、単純に「人々の生活をより良くしたかった」という理念からビジネスが始まりました。

スタートアップ文化が根付いたフィンランド。これからはサステナビリティとスタートアップが組み合わされ、社会課題解決のために一層イノベーションが加速することは間違いないでしょう。

 

加筆修正:2017年7月12日

 

 

 

 

フィンランドの起業についての最新情報

 

「フィンランド」「起業」というキーワードでこのブログに訪れてくださる方が多くなってきているので、最新情報をアップしておきたいと思う。

というのも、昨今フィンランドの景気が悪く起業家への助成金がカットされ、それに伴って起業する人数(社数)が特に昨年は減っていたため、起業家支援サービスもあまり充実していなかった。しかし今年になってからようやく助成金の予算が確保できたようで、Start Upやこれに関連したネットワークやプラットフォームが再び活気を帯びてきた。それはなんといっても失業率9.2%(2015年12月)を減少させるため、国をあげての失業対策なのである。

 

改訂されたガイドブック

まずは基本的な起業ガイドブックから。以前の記事にも掲載したのだが、2015年に改訂されていた。とりあえずは英語版のリンクを貼ったが、他の言語としてフランス語や中国語はあるけれども日本語は残念ながら、ない。

総合案内サイトはこちら。各自治体で起業家支援センターまたはビジネスセンターなるものが存在し、ここを窓口として起業の申請を行ったり起業に関するワークショップ、そして日々の相談などを受け付けてくれる。

 

起業家たちへ充実したネットワーク

そして“StartUp”関連のサイトや数日前に在日フィンランド大使館のツィッターでも紹介されていた、企業と大学そして個人(労働者)を繋ぐプラットフォームが出来上がったようだ。このプラットフォームを利用して例えば学生ならインターシップや夏休み期間中のバイトを経験したり、企業側で例えば人件費を削減するためにクラウドソーシング目的でここを利用したりと、いろいろな活用方法があるようだ。

そしてなんといってもフィンランドの起業といえば、昨今欧州圏内の若い層を中心に注目を浴びている“Slush”だ。日本でも2015年に東京・お台場で開催されたようで、日本国内でもこのイベントへの注目度は高まっている。私のフィンランドの知人が昨年参加しての感想は「とにかくプログラムの進行が早くてライブ会場にいるみたい。そんな環境の中で商談などをやってしまうんだから、ビジネスというよりはもうゲームをしている感覚だったね」と話していた。

 

日本よりもコネ社会?!

ここで少しフィンランドの就職状況に関連する話しをすると、フィンランドはもともと国内市場が小さく働き口が少ない

一般的には大学や職業訓練学校に在籍中に自分の就きたい仕事のインターンシップを経験することが多い。そしてその流れで正社員になるということが多々ある(この辺りは日本でいう「コネ」。業界分野によっては日本以上にこの「コネ」が重要になるところもあるとか)。が、これまた昨今の不景気でインターンシップさえも確保できないという会社も多く、学生たちはインターンシップせずに卒業し職なしで社会に出ることになる。彼らは就職活動を行うが一向に定職に就くことができない。というのが現状であるので、若い層を中心として起業への注目が高まっている。

以前ベーシック・インカムについて書いたが、これに対する世論調査を行った際に「起業しやすくなる」と答えた人が賛成意見の6割ぐらいを占めていたとか。

ベーシック・インカムの正式導入についてはさておき、あのノキアが去った今、フィンランドに起業家たちがより一層増えるのは新しいビジネスチャンスとビジネスカルチャーを生み出す機会になるだろう。これで失業率が減少するか、引き続き今年一年の景気動向に注目が集まる。

 

2017年8月、連載コラムにて「起業エコシステム体験を通じて触れたフィンランドの起業文化」を書きました。