持続可能な開発目標の達成のために、 10億円をどう使いますか?

 

9月に採択された持続可能な開発目標だが、ここ2カ月の間に様々な分野での取り組みが始まっている。

政府や企業レベルはもちろんのこと、この目標は過去のMDGsと違い、世界中の人々が取り組むことが必要であることから、市民レベルでの取り組みも促進していかなければならない。

なぜならこの目標の標語とも言える”Leave no one behind”。日本語にすれば「誰一人残らず、全ての人々の課題・問題を解決する」「ゼロ目標」を掲げているからだ。

 

そこでこの”Leave no one behind”。

もしあなたが10億円でこの目標を達成するとしたら、どう使いますか?使い道など、あなたの考えを100ワードでぜひ投稿してください。

そんな質問をこのポスト2015のウェブサイトで投げかけられている。

 

「誰一人残らず」に世界中の課題・問題を解決するには、どうするか?国のトップになったつもりで、10億円の予算をどう使うか?

10億円。。。一般市民にはピンとこない額だが、地球上に住んでいる人間およそ73億人をこの10億円で救うとしたら、どうするか?

今までなら国や国連のトップが会議を開いて非現実的な決定するのだろうけど、今後15年の目標は違う。地球市民一人ひとりの頭で考え行動していかなければならないのだ。

投稿の締め切りは、12月15日。投稿の結果は来年1月に発表されるらしい。

 

ちなみに今日、フィンランド大統領がカーボンフットプリントの誓約署名を行ったというニュースが流れてきた。個人的な取り組みのようだが、大統領の自宅には既に地(中)熱ヒートポンプを引いたり、LED電気の利用を増やしたりしているようだ。

大統領だがらできることかもしれないが、見方によればこれも全て一人の人間が実行する持続可能な開発目標に沿った取り組みだと言える。

 

というわけで年末押し迫った時期だが、一人ひとりが出来ることを考えながらこの質問に応えてみたいと思う。