持続可能な開発目標の達成のために、 10億円をどう使いますか?

 

9月に採択された持続可能な開発目標だが、ここ2カ月の間に様々な分野での取り組みが始まっている。

政府や企業レベルはもちろんのこと、この目標は過去のMDGsと違い、世界中の人々が取り組むことが必要であることから、市民レベルでの取り組みも促進していかなければならない。

なぜならこの目標の標語とも言える”Leave no one behind”。日本語にすれば「誰一人残らず、全ての人々の課題・問題を解決する」「ゼロ目標」を掲げているからだ。

 

そこでこの”Leave no one behind”。

もしあなたが10億円でこの目標を達成するとしたら、どう使いますか?使い道など、あなたの考えを100ワードでぜひ投稿してください。

そんな質問をこのポスト2015のウェブサイトで投げかけられている。

 

「誰一人残らず」に世界中の課題・問題を解決するには、どうするか?国のトップになったつもりで、10億円の予算をどう使うか?

10億円。。。一般市民にはピンとこない額だが、地球上に住んでいる人間およそ73億人をこの10億円で救うとしたら、どうするか?

今までなら国や国連のトップが会議を開いて非現実的な決定するのだろうけど、今後15年の目標は違う。地球市民一人ひとりの頭で考え行動していかなければならないのだ。

投稿の締め切りは、12月15日。投稿の結果は来年1月に発表されるらしい。

 

ちなみに今日、フィンランド大統領がカーボンフットプリントの誓約署名を行ったというニュースが流れてきた。個人的な取り組みのようだが、大統領の自宅には既に地(中)熱ヒートポンプを引いたり、LED電気の利用を増やしたりしているようだ。

大統領だがらできることかもしれないが、見方によればこれも全て一人の人間が実行する持続可能な開発目標に沿った取り組みだと言える。

 

というわけで年末押し迫った時期だが、一人ひとりが出来ることを考えながらこの質問に応えてみたいと思う。

 

 

 

いよいよ始まったフィンランドの冬時間

今日、10月25日の午前4時にフィンランドの夏時間が終わり、いよいよ日照時間が短くなる冬時間に入った。

日照時間が短くなるということは、太陽光にて形成されるビタミンDの不足が問題となる。日本でも北海道辺りになると関東よりも日照時間が短いためにビタミンDサプリメントの摂取を推奨されているようだが、ここフィンランドも全く同じ状況である。

特に新生児・乳幼児においては、出生直後からビタミンDの摂取が義務づけられている。我が子も出生直後から毎食時にはビタミンDサプリメントを飲み、われわれ大人も1日に1錠服用しているぐらいだ。

そして光に当たらないと人間「鬱」になりやすいのは、確かだ。一度降雪し積雪してしまえば、辺り一面雪の明るさでなんとか明るいのだが、この降雪する前の時期、つまりこれからの11月が「魔の11月」と言われる一年で最も暗い月なのだ。

移住した年は特段何も感じなかったのだが、その翌年から「気分がのらない」「なんとなく頭が痛い」「一日中眠い」などといった症状に見舞われ、ついには「今日は何日だっけ?」という曜日感覚が薄れていくほど、毎日毎日暗いのである。

朝カーテン開けても暗く、午前9時過ぎにやっと日の出。しかし太陽の位置が低いために、なんとなく明るくなったかな、という「感覚」程度である。

そして午後3時30分ごろには日没。というけれど、それまでの6時間だって暗いので一日中カーテンを閉めていても特段変わりはない。

そんな状況を打破するために、フィンランドではビタミンDの摂取に加えKirkasvalo(キルカスバロ)という蛍光灯で光を浴びる(光療法)を推奨している。治療は、ほぼ毎日、午前6時から10時ぐらいの間に30分から2時間ほどこの光に当たることを勧めている。

これを購入してからは、朝起きた時や机に向かう時などに電源を入れることにしている。それ以降、まぁなんとなくだが気分が落ち込まなくなったような気がする。

しかしこの蛍光灯やビタミンD摂取だけで憂鬱な時期を乗り越えられるわけではない。この季節、日本と同様にビジネス業界では、各種業界のセミナーなどが目白押しなので半ば強制的に積極的に参加して人と会ったり新しいことを吸収するようにしている。

そして、あと2カ月弱でやってくるクリスマスの準備に余念なく過ごしているフィンランド人も多くいる。しかしホンネのところは、やはり生まれ育って何十年も住み着いていてもこの自然現象には慣れないと話すフィンランド人も多い。

そんなことを聞くと、自然と向き合って生きている北国の本当の姿が見えたような気がした。

さて今年の暗黒期”Kaamos”(カーモス=極夜)は無事に乗り切れるのだろうか。