北欧諸国の海洋バイオ・エコノミー

昨年末にフィンランド政府にて、北欧諸国における海洋バイオ・エコノミーの2025年に向けたロードマップが採択された。

この海洋バイオ・エコノミーとは何か?「再生可能な海洋および淡水資源の持続可能でスマートな利用に基づく、事業活動および価値創造」と定義されている。以下に簡単な概要を照会する。

ビジョン:Nordic Blue Bioeconomy 2025
・ 北欧諸国における雇用と能力の創出
・ 海洋および淡水環境とバイオ資源の良好な地位を維持し、世界市場に向けた商品とサービスを生産・開発

対象セクター:
養殖、特に魚やその他の水生動物の養殖、食糧、化粧品およびに製薬製品。また水専門知識および技術に基づく事業、水域および水生環境に基づく観光およびレクリエーション、水生生物資源の利用などの事業活動も対象。

戦略目標:
・ 効果的な研究開発とイノベーション、ネットワークとプラットフォームの構築
・ 持続可能な成長を支えるグッド・ガバナンス
・ 結果指向に基づく国際協力

テーマ:
・ 海洋とフレッシュウォーター・バイオマス
・ 水産物の生産と技術
・ ウェル・ビーイングのための海洋と水資源
・ ノルディック・ウェイのノウハウとウォーター・テクノロジー

そもそもなぜ北欧諸国がこの海洋バイオ・エコノミーを目指すことになったのか。それは、この分野において世界で優れた立場にあり、高い基準と多様な専門知識を持っていること。開発作業においては、市場主導型のアプローチを取り、革新性やリソースの効率性を持っていることが背景となっていいる。。また北欧諸国は、新製品やサービスを創出するために、企業との研究やイノベーション活動を増やす努力があることも、こうした取り組みを後押しするものと思われる。

今年2017年は、まず3つの戦略目標を実装していくことから始める。またポリシーや戦略をEU諸国全体はもちろん、北極圏をも含めて浸透させる。北欧諸国は北極評議会の主要メンバーで、フィンランドにおいては今年2017年から2年間の議長国を務めることになっており、この分野での取り組みが一層求められていくであろう。

ちなみに日本はこの北極評議会のオブザーバー国であるため、北極圏における海洋バイオ・エコノミーについては、どこかで耳にするかもしれない。逆にいえば、オブザーバー国でも率先して北極圏の持続可能性を考えていくことが、日本の国際的な持続可能な取り組みとして評価される可能性もある。
日本企業の対象セクターの方々は、これを参考に自社の生物多様性の取り組みやビジネスモデルを考えてみるのも良いだろう。

リソース:
http://valtioneuvosto.fi/en/article/-/asset_publisher/1410837/pohjoismaat-tavoittelevat-sinisen-biotalouden-kasvua (フィンランド政府)

http://mmm.fi/en/article/-/asset_publisher/clean-water-and-fisheries-resources-and-water-resources-expertise-to-boost-finnish-exports (フィンランド農林水産省)

Photo by :
http://www.huffingtonpost.com/kirsti-kauppi/why-us-nordic-relations-matter-more-than-ever_b_9807606.html

広告