「地域レベルでのカーボンニュートラルの達成に向けたサーキュラーエコノミーの取り組み」フィンランド・トゥルク市の事例

ヘッダー写真は、Kakolanmäki地域。「>」の形とその周りの建物が旧収容所。その右下は新築の住宅街。廃水処理プラントは旧収容所の左側に位置する(写真外) 出展元:Pohjola Rakennus Oy (サイトは記事下)

 

2019年12月2日からCOP25がマドリードで開催されました。持続可能な都市と地域をめざす自治体協議会「ICLEI」(イクレイ)のセッションにて、フィンランドの古都トゥルク市は、地域のサーキュラーエコノミー の実現に向けた取り組みを紹介しました。今回はその内容をお伝えします。

トゥルク市は、市が800周年を迎える2029年までにカーボン・ニュートラルを、2040年までにはゼロエミッションとゼロウェストを目指しています。
その実践として、具体的な3つの取り組みを紹介します。

1, バリューチェーン全体で資源を循環させる

製品およびインフラの設計における材料の再循環や効率性の構築、または資源のプールやカスケードに基づくビジネスモデルは、エネルギーや二酸化炭素排出量の削減だけではなく新しい生産ニーズをも削減するサーキュラーエコノミー そのものです。

トゥルクの実践その1:

トゥルク市は地域における民間セクターのサーキュラーエコノミー ・イニシアチブを支援してきました。 その一例が、隣接するライシオ市のSmart Chemistry Park(SCP)です。 SCPは、化学業界14社により相乗効果の特定オンサイトプラットフォームを提供する「産業共生プロジェクト」です。 企業は共通施設の費用を分担し、化学物質の安全性と特許工学に関する専門知識を利用できます。

2, 新しいクリーンなエネルギー源

有機廃棄物および廃水からのエネルギー回収は、利用率の低い廃棄物資源を通じてエネルギーを生成するためのコスト効率の高い方法です。

トゥルクの実践その2:

Kakolanmäki(カコランマキ)廃水処理プラントは、トゥルクおよび13の近隣自治体からの廃水を収集して処理します。 2台のヒートポンプが廃熱を利用して、15,000世帯の地域冷暖房を生産しています。植物からのスラッジはバイオガス生産に使用され、地元の電気、暖房、輸送のニーズにカーボンニュートラルソースを介して供給されます。これらは、消費エネルギーの10倍のエネルギーを生成します。

Kakolanmäki(カコランマキ)廃水処理プラント全容               Copyright©️今と未来のあいだで

3, 二酸化炭素吸収源の保護

再生資源を活用し、生態系を保護することを目的としたサーキュラーエコノミー は、海洋、森林、土壌などの天然の炭素吸収源を保護する効果的なツールです。 たとえば、堆肥化の実践を通じて栄養を循環させて土壌に戻すことで、土壌にできる限り多くの炭素が保持されます。

トゥルクの実践その3:

Kakolanmäkiの下水処理場を設置する前は、14の市町村によって下水が個別に収集されていたため、栄養素の回収は最大化されていませんでした。 その結果、トゥルク海域はリン、窒素、および浮遊固形物であることが特徴づけられました。 しかし1つの場所にすべての都市下水処理施設を集中化することで、回収ポイントが少なくなりました。また栄養化の回復により、トゥルク海域のリンが83%減少し、バルト海の水質にプラスの効果がありました。

 

その他の現在の気候変動対策を3つご紹介します。

【カーボンニュートラルエネルギーシステム】
トゥルク地域で使用される熱、冷気、蒸気、電気は、遅くとも2029年までにカーボンニュートラルな方法で生産されます。スマートソリューションとエネルギー効率は、トゥルク地域のエネルギーシステムの開発に活用されます。

【低炭素モビリティ】
公共交通機関とサイクリングインフラストラクチャを開発しています。また、電動モビリティ、サービスソリューションとしてのモビリティ、および低排出物流にも投資しています。

【持続可能な都市構造】
ゾーニング、土地利用、交通計画、および関連する開発プロジェクトを通じて、持続可能性に資する都市構造を運営しています。
現在、街の中心地にあるマーケット広場の外観とインフラを開発中で、2021年に完成予定です。

地域レベルでの気候行動(Climate Action)に向けたコラボレーション
トゥルク市とその周辺地域には、地域の気候変動対策と持続可能な資源管理に貢献する、サーキュラーエコノミー のエコシステムと先駆的なイニシアチブがあります。 市はこれらの関係者と協力してカーボンニュートラルに向けたロードマップを作成したいと考えています。
Circular Turkuプロジェクトは、フィンランドのイノベーション基金Sitraの支援を受けて、地方自治体が包括的かつ協調的な方法でサーキュラーエコノミー を運用するための複製可能なツールを設計することを目指しています。 これらの学習は、都市、専門家、企業、およびその他の関連する利害関係者を結び付けて都市型サーキュラーエコノミー の移行を促進する、ICLEIのグローバルなグリーン循環都市連合を通じて共有されます。

ここで、地域でサーキュラーエコノミー を実践していくための、いくつかのヒントをご紹介します。

分野横断的で循環性のある手段としての地域コラボレーション

  • サーキュラーエコノミー の実践は、通常サイロ化されているセクターをつなげていく必要があります。 これらの領域は、さまざまな部門、自治体、または政府レベルの管轄下にある場合があります。 地域連携により、個々の自治体がサーキュラーエコノミー ・イニシアチブでセクターをまとめる能力が高まります。
  • 地域では、炭素集約型のカテゴリでの材料使用を効果的に管理するための適切なスケールを提供します(建設資材、化学薬品、繊維など)。 循環的で地域的なアプローチを取ることにより、費用対効果の高い方法で材料の使用を最小限に抑えることができます。
  • カコランマキ廃水処理プラントなどの循環インフラストラクチャは、長期的なコスト削減につながりますが、多くの場合、従来のプロジェクトよりも高い先行投資となります。 そのため異なる自治体間のコラボレーションにより、都市および地区はリソースをプールして前払い費用を賄うことができます。
  • サーキュラーエコノミープロジェクトは、従来の一直線型システムの境界外で考え、革新する必要があります。 地域内の大学、企業、コミュニティイニシアチブなどの多様なアクターの集合体は、異なるアクター間の相乗効果の機会を提供します(例えば、産業共生のため、など)。

 

取り組みのまとめ

素材や材料をより循環的に使用することは、地域レベルの気候政策のコアとなります。
サーキュラーエコノミー を実現するためには、再生可能エネルギーの供給、輸送と熱の排出削減、エネルギー効率とともに取り入れるべきです。
サーキュラーエコノミー は、トゥルクとフィンランド南西部周辺の主要な優先事項の1つであり、炭素排出量を削減するイニシアチブがすでに実施されています。 これらのイニシアチブは、カーボンニュートラルなサーキュラーエコノミー の設計において地域協力が果たす極めて重要な役割を示しています。

 

ここまで、トゥルク市の市長であるMinna Arve(ミンナ・アルヴュ)氏により紹介されました。

同氏は

「気候変動の課題は全世界に関係しており、解決策を見つけるには知恵と良い事例を共有することが重要である」

と述べています。

紹介の中にあったKakolanmäki(カコランマキ)廃水処理プラント周辺について少し補足説明しますと、実はここに昔の収容所の建物が残されていました(ヘッダー写真)。それを改築しスパやホテル、カフェ、住宅地にすることで古い建物および収容所という機能を改め、その地域一体に新しい価値を創出しました。

こうした現在あるすべての資源を使って環境負荷を減らしつつ新しいモノ・コトから価値を作り出すのがサーキュラーエコノミー の特徴と言えるでしょう。

 

 

出展元:

New policy brief released by ICLEI
https://talkofthecities.iclei.org/new-policy-brief-released-towards-carbon-neutral-circular-economies-at-the-regional-level/

Kakolanmäki(カコランマキ)
https://www.kakola.fi/ (フィンランド語)

Pohjola Rakennus Oy(ヘッダー画像)

https://www.sttinfo.fi/tiedote/pohjola-rakennus-oy-lansi-suomi-kehittaa-kakolan-aluetta-rakentamalla-satoja-koteja?publisherId=50563861&releaseId=50563878

2018年上半期を振り返って

先日知人から「最近ボランティア活動してる?」と聞かれ、ハッとした。

このサステナビリティ分野の仕事に就く前までは、週末を中心に主に環境保全活動を実施しているNGOの活動に参加していた。もうかれこれ20年近く前のことである。参加した期間はさほど長くなかったが、たしか2,3年は継続していた記憶がある。

それからこの世界へ転職し、フィンランドに移住し、子どもができ育児をしているうちに、すっかりボランティア活動のことを忘れていた。

ボランティア活動をしているかしていないかで、何かが変わるわけでも評価が伴うわけでもなんでもない。ただ、知人からの質問に対して気付かされたというのは、この世界で日々仕事をして、一日中パソコンとにらめっこしながら文章を書いたりリサーチしたり、数字を並べたりして世界で今起こっていることを文字や数字ではわかっても、特に自然環境の深刻さを肌で感じ取ることはできていないということだ。

その知人は、以前は国際的な大きな機関で働いていたのだが、ある時そこの機関で働くことにまったく興味を失ったそうだ。官僚的で、常に机上でしか物事が進まないことにストレスを感じ、本当にこれで解決に向かっているのだろうか?と自問自答したそうだ。そしてそこの組織から抜けて自身のサステナビリティ関連の会社を設立。今では自分の仕事と週末ボランティア(もう10年以上継続)をやることができて、ものすごくハッピーだと話していた。

以前は、この環境や社会課題解決に向けた活動やビジネスは「儲からない」などと言われ、日本では「ボランティア活動」や企業の「社会貢献活動」として取り組んでいる個人や組織が多かった。しかし今では「儲かる」「儲からない」という議論より、地球全体がもうサステナビリティに向けて舵を取らなければ、存続の危機を迎える(すでに迎えている)という認識の下に取り組む国、地域、社会、組織、そして個人が多くなってきた。

それでもボランティア活動は地道に行なっていかなければならない分野や地域はまだまだある。それを見ずに自分のビジネスはサステナビリティに関連したものだから、ボランティア活動はしなくてもいい・利益が伴わないからやらない・やってられないなどと誤解してはならない。

この世界で食べている人は兎角、自分も含めてボランティア活動を置いてけぼりにしやすいのではないかと思ったのだ。

サステナビリティ関連の仕事は多岐にわたり、あらゆる分野の人々が携わり解決に向けて動いている。それでも現実の問題や課題は山積みとなっている。利益やビジネス以外の部分でも活動をしていかなければ、もう間に合わないのではないか。

同じ世界で働く知人から、ボランティア活動の意義について問われたような気がした。
そしてもう一つ気付かされたのは、仕事に対する熱意や情熱を持つことと本質を見抜くことだ。

サステナビリティ関連の仕事だけではなく、一般的に言って仕事に対する情熱は、非常に大事だと思う。それには自分の仕事が好きか嫌いかという前提がある。嫌いな仕事に対して情熱を傾けるのは至難の技だ。でも好きな仕事に情熱を傾けるのは自然なことで、これほど人間として幸せなことはないと思う。

知人は、元は化学エンジニアだったが、植樹ボランティアに参加したことがきっかけで、この世界に転職。それ以来、サステナビリティに情熱を傾ける毎日だという。

しかしこのサステナビリティ関連の仕事は、好きな仕事に携われたからといって自己満足で終わっては意味がない。対象とする社会や組織、国や地域、または一人ひとりの個人がサステナビリティに向けて行動し、社会全体がより良い方向へ変わることを目的に業務を遂行している。

よくある「○○ランキング」などの上位を目指して活動しているのでもない。自己満足はこういう取り組みから感じられることが多く、以前は上辺だけで環境に取り組んでいるかのように見せかける「グリーンウォッシュ」や、最近ではSDGsのゴールのアイコンだけを並べてさも貢献していますかのように見せかける「SDGウォッシュ」というのも出てきているようだ。

このような観点から自分自身の日々の仕事を振り返ると、「レポーティングだけできて実活動は本当に実施され改善されているのだろうか」という疑問を持ち続けなければならない。組織にとっては、レポートを出すだけで満足したり、評価機関からの評価が良かったからといってそれだけで喜んでいては本末転倒である。

サステナビリティに取り組んでいるのは「良いこと」という意味ではない。取り組んでいるから「すばらしい」のではない。もうやって「当たり前」のレベルにきていて、課題の深刻さを正確に認識し、行動に移し、改善できるところまでいかなければ、本質ではない。

こういうところを見抜きながら継続していくには、やはりサステナビリティの仕事へ対する情熱を持ち続けることが大切だと再認識させられた。

 

あまり話がまとまらないのだが、久しぶりに同志と熱く語り、自分を振り返るきっかけになったことを書いてみた。日々の業務に追われていると、こうした大切なことを忘れがちで、自身で振り返ることもなくなっていた。貴重な語らいの時間であり、今年上半期を振り返る良い機会であった。