2020年を振り返って

今年も恒例の一年の振り返りと翌年の抱負などを書いていきたいと思います。

その前に、このCOVID-19で医療従事者をはじめとするエッセンシャルワーカーの皆さまに感謝を述べたいと思います。自身の周りで病院や介護施設などで働く方々が多く、こうした方々がいらっしゃるからこそ、私のような役割の者が比較的安心して毎日を過ごすことができると思っています。

さて2020年は、将来振り返ったときにどのような年だったと伝えられるのでしょうか。今年一年、生きているだけでも価値があったと言うぐらいの状況となりました。

私が長年携わっているこの持続可能な社会に向けた支援の領域では、以前より気候変動の危機をはじめ、生態系の破壊、大規模な都市開発など時代ごとに大小または強弱異なりますが、根底にある危機の構造は不変であると伝えてきました。

今回のCOVID-19でこうした構造が明るみになり、大量生産・大量消費社会、そしてグローバリズムの終焉が語られ始めました。COVID-19のリスクが増大している原因は、生態系の破壊であり、今年一年間さまざまなところでこのことが伝えられことは、長年従事している者としては、正直なところやっとスタート地点に立ったかの印象です。

根本的に持続不可能な社会であり気候変動と人新世(人類が地球の地質や生態系に重大な影響を与える発端を起点として提案された想定上の地質時代)を踏まえて、これからは社会技術システムをすべて作り変えなければならない時代へと移っていくでしょう。

年の終わりに近づいた12月下旬、ようやく日本でも脱炭素社会実現に向けた「グリーン成長戦略」が発表されたようで、ここ欧州と足並みが揃うところまできました(ただし、中身については要検討)。

その欧州も一度はEU加盟国内で分裂がみられた「グリーンニューディール」もなんとか合意に漕ぎ着けて、来年から各国内で稼働始めます。

このようにフィンランド(欧州)と日本の背景は異なりますが、それぞれの国、組織・団体、地域、そして個人において「立ち止まる」ことや「問い直す」こと、「見直しする」ことなどが余儀なくされた年だったと思います。

私自身も昨年の暮れに「2019年は『変化の兆し」の年でした」と書き、20年は自身で変化を起こす(くる)と予測し「あたりまえ」を問うと準備していたところ、自身だけではなく世界中で変化が起き社会の「あたりまえ」が崩されました。

そんな状況の中、自身の専門領域以外の学問や事柄の入り口に入らせていただき、これからの社会をどう生きていくのか、どうつくっていくのかをさまざまな角度から視て考察する機会が幾度もありました。

同時に20代や30代では「自分は人生で何をすべきか?」と言う問いだったところが、40代になり「人生は私に何を問うているのか?」と言う問いに変わり、今年はまさにその問いを突きつけられた感じがあります。

情報開示の領域ではESGが急速に語られるようになり、来年はおそらく大企業はもちろんのこと中小企業でも取り組み始めるところが出てくるのではないでしょうか。SDGsやサーキュラーエコノミー など英単語・カタカナ表記の概念に振り回されることなく、本質を見抜き環境や社会の課題を解決し、この未曾有の状況から脱出してわれわれ自らの未来を作っていくことが必要であると感じています。

昨年のブログにも書いたように2020年はアプローチを少しずつ変えていくことを念頭に置いていましたが、その根本的な部分や方法などを再考しながら、2021年は専門以外の領域の造詣も深めていきたいと思います。

そして何よりも、この想像できない状況だからこそ、人類の叡智を結集し共に未来を考えて行動に移すことが大切です。一人では社会や未来はつくれません。

国や地域差はあるけれども来年以降は厳しい時代であると言えますので、そんな中を信頼できる仲間と一緒にこの状況を乗り切っていきたいと思います。

今年一年、健康に過ごせたことに感謝しつつ、来年も引き続き健康第一に過ごしながら、この波乱に満ちた感染症の時代を生き抜いていきたいと思います。

それではどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

Rauhallista Uutta Vuotta!

藤原斗希子 – Tokiko Fujiwara Achren
ToFuAc Oy

感染症と共に生きる時代へ〜その4「これからの世界や社会を考える〜BIOTOPETIDEへ寄稿」〜

コロナがいまだ収束せずむしろ第二波がはじまっているとも言える2020年夏。

そんな状況の中、フィンランドからこれからの世界や社会がどうなっていくのかという視点で以下二つのテーマについて、「持続可能な社会の生態を育む」をテーマに情報発信をしているBIOTOPETIDEへ寄稿いたしました。

お時間あるときにご笑覧いただければと思います。

1、フィンランド在住視点の欧州グリーンニューディールについて

2、上記を踏まえて、フィンランドにおけるコロナ禍による人々の生活様式などを中心に、これからの社会の姿について

BIOTOPE TIDEとは?

BIOTOPEとは?