北欧諸国の海洋バイオ・エコノミー

昨年末にフィンランド政府にて、北欧諸国における海洋バイオ・エコノミーの2025年に向けたロードマップが採択された。

この海洋バイオ・エコノミーとは何か?「再生可能な海洋および淡水資源の持続可能でスマートな利用に基づく、事業活動および価値創造」と定義されている。以下に簡単な概要を照会する。

ビジョン:Nordic Blue Bioeconomy 2025
・ 北欧諸国における雇用と能力の創出
・ 海洋および淡水環境とバイオ資源の良好な地位を維持し、世界市場に向けた商品とサービスを生産・開発

対象セクター:
養殖、特に魚やその他の水生動物の養殖、食糧、化粧品およびに製薬製品。また水専門知識および技術に基づく事業、水域および水生環境に基づく観光およびレクリエーション、水生生物資源の利用などの事業活動も対象。

戦略目標:
・ 効果的な研究開発とイノベーション、ネットワークとプラットフォームの構築
・ 持続可能な成長を支えるグッド・ガバナンス
・ 結果指向に基づく国際協力

テーマ:
・ 海洋とフレッシュウォーター・バイオマス
・ 水産物の生産と技術
・ ウェル・ビーイングのための海洋と水資源
・ ノルディック・ウェイのノウハウとウォーター・テクノロジー

そもそもなぜ北欧諸国がこの海洋バイオ・エコノミーを目指すことになったのか。それは、この分野において世界で優れた立場にあり、高い基準と多様な専門知識を持っていること。開発作業においては、市場主導型のアプローチを取り、革新性やリソースの効率性を持っていることが背景となっていいる。。また北欧諸国は、新製品やサービスを創出するために、企業との研究やイノベーション活動を増やす努力があることも、こうした取り組みを後押しするものと思われる。

今年2017年は、まず3つの戦略目標を実装していくことから始める。またポリシーや戦略をEU諸国全体はもちろん、北極圏をも含めて浸透させる。北欧諸国は北極評議会の主要メンバーで、フィンランドにおいては今年2017年から2年間の議長国を務めることになっており、この分野での取り組みが一層求められていくであろう。

ちなみに日本はこの北極評議会のオブザーバー国であるため、北極圏における海洋バイオ・エコノミーについては、どこかで耳にするかもしれない。逆にいえば、オブザーバー国でも率先して北極圏の持続可能性を考えていくことが、日本の国際的な持続可能な取り組みとして評価される可能性もある。
日本企業の対象セクターの方々は、これを参考に自社の生物多様性の取り組みやビジネスモデルを考えてみるのも良いだろう。

リソース:
http://valtioneuvosto.fi/en/article/-/asset_publisher/1410837/pohjoismaat-tavoittelevat-sinisen-biotalouden-kasvua (フィンランド政府)

http://mmm.fi/en/article/-/asset_publisher/clean-water-and-fisheries-resources-and-water-resources-expertise-to-boost-finnish-exports (フィンランド農林水産省)

Photo by :
http://www.huffingtonpost.com/kirsti-kauppi/why-us-nordic-relations-matter-more-than-ever_b_9807606.html

こんにちは2017年

Hyvää Uutta Vuotta Kaikille!
明けましておめでとうございます。

西暦2017年、平成29年の幕開けとなりました。
1月2日は、フィンランドではもう通常営業。正月気分はどこへやらです。

ということで、昨年の総括ブログに引き続き、3つのカテゴリーで今年の見通し、抱負などをざっと書いてみたいと思います。

 

1、サステナビリティ関連
今年はSDGsやパリ協定を基にサステナブルな社会へのドライブが加速する年と言われています。今まではCSRなどの「守り」としてのコンプライアンスやガバナンスだったところ、持続可能な社会へ転換するためには「革命、イノベーション」が必要だと言います。そのイノベーションに向けて、企業のビジネスモデルを持続可能性へと転換し、サステナブルなビジネスモデルを主流とすることが求められてきます。

それには前回のブログで書いたように「ビッグ・データ」などのデジタル化を促進し、日々多くのステークホルダーから(へ)のデータを収集(提供)。そして開示。またこのデータ収集を基に新しいビジネスモデルを作るなど、企業はビッグ・データなしにはサステナブルな世界も生き残っていかれないでしょう。

キーワードでいうと「社会のインパクト(影響度)」や「包括的な経済成長」「グリーン・ボンド」あたりが、昨年活発な議論を展開してきましたので、今年は議論から実装へ移行し始めるのではないかと予想しています。SDGsの達成度をインパクト測定するという議論も国連をはじめGRIなどでも出ていますので。

また”I don’t believe in climate change!”と発言した次期米国大統領の今後の政策にも注視する必要はありますね。本当にすごい人が大統領になってしまったもんです。加えて欧州圏内では今年、オランダ、フランスそしてドイツの大統領選があります。サステナビリティの世界にも大きく影響しそうで、2017年も激動の年となる予感です。

 

2、フィンランド全般
フィンランドは今年独立100周年を迎えます。
フィンランドの独立は、アメリカ合衆国やフランスのように自分たちの国を守るために戦い勝利した!という勝利の独立ではなく、1917年のロシア革命によるロシア帝国崩壊により独立を宣言しました。しかしその直後にフィンランド国内での独立派とロシア革命による革命派での内戦が勃発。その後第二次世界大戦においてもソ連軍との戦い(冬戦争)などで惨敗し、国の復興に向けては過酷な歴史を辿ってきました。

そんな歴史を振り返る今年2017年。各地で様々な催し物が予定されています。また他国におけるフィンランド文化や移民たちとのイベント、おそらく日本においても祝賀行事が予定されていると思われます。

それからフィンランドは国土の3分の一が北極圏に含まれることから、北極評議会の主要メンバーであります。今年から2年間、この評議会の議長国を務めることになり、100周年の年と重なったことで北極に関連する分野の方々はもちろん、北極圏のサステナビリティを考える上でも非常に注目されています。

しかしこうした祝賀関連は元より、国内の不況をなんとしても回復しなければなりません。将来この100周年の年を振り返ったときに「100周年目は不景気どん底でした」なんて。2016年11月の時点でGDPわずか1.6%。失業率は相変わらずの8-9%台ですから、本腰入れて景気対策しなければ人口流出が加速します(フィンランドの教育で名高い教師達の失業数が増え、近隣諸国へ流出しているニュースがありました)。

いずれにせよ、100周年の年。祝賀ムードで一時的に景気が回復すれば良いですが、やはり小国家の持続可能な経済成長と社会を創造するための戦略をどうつくるのか。そこが個人的に興味あります。

 

3、2017年の抱負
そんなわけでサステナビリティもフィンランドも今年は何かと活発な動きが見られそうです。個人としては、この歴史的な年にフィンランドに在住していることから、常に日本で伝えられている表面的なフィンランドだけでなく、もう少し現実的で日常的な部分を今まで以上に発信できたらと思っています。祝賀関連の情報も含めてですが。

サステナビリティ関連は、昨年に引き続きネットワークを構築することでしょうか。祝賀関連の中でサステナビリティに関わることもいろいろありそうなので、そうしたことも発信していけたらと思います。地元や日本とのネットワークはより強固にというところでしょうか。
ということで、サステナビリティとフィンランドに関することはぜひお問い合わせください。

そして何よりも健康第一に一年が過ごせますように。何においても身体が資本ですから、倒れてしまっては身も蓋もない。育児しながらの仕事は本当に健康が何よりもありがたいと感じます。

それではみなさまによって良い一年でありますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。

 

Photo by : http://ilmailumuseo.fi/suomi-lentaa/