「地域レベルでのカーボンニュートラルの達成に向けたサーキュラーエコノミーの取り組み」フィンランド・トゥルク市の事例

ヘッダー写真は、Kakolanmäki地域。「>」の形とその周りの建物が旧収容所。その右下は新築の住宅街。廃水処理プラントは旧収容所の左側に位置する(写真外) 出展元:Pohjola Rakennus Oy (サイトは記事下)

 

2019年12月2日からCOP25がマドリードで開催されました。持続可能な都市と地域をめざす自治体協議会「ICLEI」(イクレイ)のセッションにて、フィンランドの古都トゥルク市は、地域のサーキュラーエコノミー の実現に向けた取り組みを紹介しました。今回はその内容をお伝えします。

トゥルク市は、市が800周年を迎える2029年までにカーボン・ニュートラルを、2040年までにはゼロエミッションとゼロウェストを目指しています。
その実践として、具体的な3つの取り組みを紹介します。

1, バリューチェーン全体で資源を循環させる

製品およびインフラの設計における材料の再循環や効率性の構築、または資源のプールやカスケードに基づくビジネスモデルは、エネルギーや二酸化炭素排出量の削減だけではなく新しい生産ニーズをも削減するサーキュラーエコノミー そのものです。

トゥルクの実践その1:

トゥルク市は地域における民間セクターのサーキュラーエコノミー ・イニシアチブを支援してきました。 その一例が、隣接するライシオ市のSmart Chemistry Park(SCP)です。 SCPは、化学業界14社により相乗効果の特定オンサイトプラットフォームを提供する「産業共生プロジェクト」です。 企業は共通施設の費用を分担し、化学物質の安全性と特許工学に関する専門知識を利用できます。

2, 新しいクリーンなエネルギー源

有機廃棄物および廃水からのエネルギー回収は、利用率の低い廃棄物資源を通じてエネルギーを生成するためのコスト効率の高い方法です。

トゥルクの実践その2:

Kakolanmäki(カコランマキ)廃水処理プラントは、トゥルクおよび13の近隣自治体からの廃水を収集して処理します。 2台のヒートポンプが廃熱を利用して、15,000世帯の地域冷暖房を生産しています。植物からのスラッジはバイオガス生産に使用され、地元の電気、暖房、輸送のニーズにカーボンニュートラルソースを介して供給されます。これらは、消費エネルギーの10倍のエネルギーを生成します。

Kakolanmäki(カコランマキ)廃水処理プラント全容               Copyright©️今と未来のあいだで

3, 二酸化炭素吸収源の保護

再生資源を活用し、生態系を保護することを目的としたサーキュラーエコノミー は、海洋、森林、土壌などの天然の炭素吸収源を保護する効果的なツールです。 たとえば、堆肥化の実践を通じて栄養を循環させて土壌に戻すことで、土壌にできる限り多くの炭素が保持されます。

トゥルクの実践その3:

Kakolanmäkiの下水処理場を設置する前は、14の市町村によって下水が個別に収集されていたため、栄養素の回収は最大化されていませんでした。 その結果、トゥルク海域はリン、窒素、および浮遊固形物であることが特徴づけられました。 しかし1つの場所にすべての都市下水処理施設を集中化することで、回収ポイントが少なくなりました。また栄養化の回復により、トゥルク海域のリンが83%減少し、バルト海の水質にプラスの効果がありました。

 

その他の現在の気候変動対策を3つご紹介します。

【カーボンニュートラルエネルギーシステム】
トゥルク地域で使用される熱、冷気、蒸気、電気は、遅くとも2029年までにカーボンニュートラルな方法で生産されます。スマートソリューションとエネルギー効率は、トゥルク地域のエネルギーシステムの開発に活用されます。

【低炭素モビリティ】
公共交通機関とサイクリングインフラストラクチャを開発しています。また、電動モビリティ、サービスソリューションとしてのモビリティ、および低排出物流にも投資しています。

【持続可能な都市構造】
ゾーニング、土地利用、交通計画、および関連する開発プロジェクトを通じて、持続可能性に資する都市構造を運営しています。
現在、街の中心地にあるマーケット広場の外観とインフラを開発中で、2021年に完成予定です。

地域レベルでの気候行動(Climate Action)に向けたコラボレーション
トゥルク市とその周辺地域には、地域の気候変動対策と持続可能な資源管理に貢献する、サーキュラーエコノミー のエコシステムと先駆的なイニシアチブがあります。 市はこれらの関係者と協力してカーボンニュートラルに向けたロードマップを作成したいと考えています。
Circular Turkuプロジェクトは、フィンランドのイノベーション基金Sitraの支援を受けて、地方自治体が包括的かつ協調的な方法でサーキュラーエコノミー を運用するための複製可能なツールを設計することを目指しています。 これらの学習は、都市、専門家、企業、およびその他の関連する利害関係者を結び付けて都市型サーキュラーエコノミー の移行を促進する、ICLEIのグローバルなグリーン循環都市連合を通じて共有されます。

ここで、地域でサーキュラーエコノミー を実践していくための、いくつかのヒントをご紹介します。

分野横断的で循環性のある手段としての地域コラボレーション

  • サーキュラーエコノミー の実践は、通常サイロ化されているセクターをつなげていく必要があります。 これらの領域は、さまざまな部門、自治体、または政府レベルの管轄下にある場合があります。 地域連携により、個々の自治体がサーキュラーエコノミー ・イニシアチブでセクターをまとめる能力が高まります。
  • 地域では、炭素集約型のカテゴリでの材料使用を効果的に管理するための適切なスケールを提供します(建設資材、化学薬品、繊維など)。 循環的で地域的なアプローチを取ることにより、費用対効果の高い方法で材料の使用を最小限に抑えることができます。
  • カコランマキ廃水処理プラントなどの循環インフラストラクチャは、長期的なコスト削減につながりますが、多くの場合、従来のプロジェクトよりも高い先行投資となります。 そのため異なる自治体間のコラボレーションにより、都市および地区はリソースをプールして前払い費用を賄うことができます。
  • サーキュラーエコノミープロジェクトは、従来の一直線型システムの境界外で考え、革新する必要があります。 地域内の大学、企業、コミュニティイニシアチブなどの多様なアクターの集合体は、異なるアクター間の相乗効果の機会を提供します(例えば、産業共生のため、など)。

 

取り組みのまとめ

素材や材料をより循環的に使用することは、地域レベルの気候政策のコアとなります。
サーキュラーエコノミー を実現するためには、再生可能エネルギーの供給、輸送と熱の排出削減、エネルギー効率とともに取り入れるべきです。
サーキュラーエコノミー は、トゥルクとフィンランド南西部周辺の主要な優先事項の1つであり、炭素排出量を削減するイニシアチブがすでに実施されています。 これらのイニシアチブは、カーボンニュートラルなサーキュラーエコノミー の設計において地域協力が果たす極めて重要な役割を示しています。

 

ここまで、トゥルク市の市長であるMinna Arve(ミンナ・アルヴュ)氏により紹介されました。

同氏は

「気候変動の課題は全世界に関係しており、解決策を見つけるには知恵と良い事例を共有することが重要である」

と述べています。

紹介の中にあったKakolanmäki(カコランマキ)廃水処理プラント周辺について少し補足説明しますと、実はここに昔の収容所の建物が残されていました(ヘッダー写真)。それを改築しスパやホテル、カフェ、住宅地にすることで古い建物および収容所という機能を改め、その地域一体に新しい価値を創出しました。

こうした現在あるすべての資源を使って環境負荷を減らしつつ新しいモノ・コトから価値を作り出すのがサーキュラーエコノミー の特徴と言えるでしょう。

 

 

出展元:

New policy brief released by ICLEI
https://talkofthecities.iclei.org/new-policy-brief-released-towards-carbon-neutral-circular-economies-at-the-regional-level/

Kakolanmäki(カコランマキ)
https://www.kakola.fi/ (フィンランド語)

Pohjola Rakennus Oy(ヘッダー画像)

https://www.sttinfo.fi/tiedote/pohjola-rakennus-oy-lansi-suomi-kehittaa-kakolan-aluetta-rakentamalla-satoja-koteja?publisherId=50563861&releaseId=50563878

フィンランド・トゥルクで起きた無差別殺傷事件について

*事件後の捜査などで明らかになってきたことなどを、随時、追記および修正しています。

2017年8月18日午後4時ごろ、フィンランドの古都、トゥルク市の中心地において、無差別殺傷事件が発生しました。2人が死亡、8人が重軽傷を負い、このうち3人が危篤状態です。

フィンランド南西部の警察によると、容疑者は18歳のモロッコ国籍の男性。警官が容疑者の足を撃って、身柄を拘束し現在病院にて治療中。この他に4人が拘束されました。現在、殺人とテロの両方から捜査を行っています(8月19日午後2時現在)。容疑者は昨年難民として入国し、トゥルクの難民収容所にいましたが、滞在許可がおりていなかったとか(以下8月21日に追加情報あり)

事件当時、16:02に警察へ緊急事態発生の連絡が入り、警官が現場にかけつけ、容疑者の足を撃ったのが16:05。たった3分で容疑者を抑えましたが、死傷者が10名となりました。

トゥルク市は人口およそ19万人。トゥルク港があり、隣国スウェーデン人が多く住み、ヘルシンキと同様、街中の標識はフィンランド語とスウェーデン語で表記され、やや外に開けた街です。

実はこのトゥルクには2014年から住んでいます。同日の朝、まさにその現場にいました。事件発生のちょうど6時間前。このニュースを聞いた途端、身震いがしました。

現場は、トゥルク市のシンボルの一つであるマーケット広場。自宅からバスで10-15分ほどのところで、日本でいうなら、自宅の最寄駅にあるショッピングセンターや商店街が狙われたという感覚でしょうか。

このニュースは日本でも報道されていたようで、実家をはじめ友人知人たちから安否確認のメッセージが来ました。

まさか自分の住む街でこのような惨事が起こるとはありえない。一方で、19万人の街でも何が起こるかわからない。こうした想いが常にありましたが、残念なことに起こってしまいました。

フィンランドは安全で差別のない国。そんな声はもう世界からは言われなくなるでしょう。それは今、明らかになっただけであって、国内では以前から安全性や差別に対する事件が報道されており、いつもそのギャップに挟まれていました。

そう、世界中で安全な国や地域は、もはやありません。

 


追記8月20日

事件が起きた翌日、事件現場にはロウソクや花束が手向けられ、多くの人々がこの惨事を嘆いていました。

その傍らで、外国人、移民・難民者反対!というデモと、それに反対する(人種差別に反対する)人々が対立し、その周囲を警察が取り囲むという、まさに今の世界を縮小しているような光景がありました。

そして2日後の20日午前10時から、事故現場で黙祷が捧げられました。

 

今回の容疑者は今のところテロ組織ISISとの関与はないので(テロ組織の犯行声明は発表されていない)、おそらく個人として何らかの動機があっての行動に移ったのだと推測されています。

各メディアで「テロ事件」と書かれていますが、現状はテロ組織とは関係ないので、「無差別殺傷事件」「通り魔事件」というのが事実かと思われます。

今回の容疑者がモロッコ国籍の難民、というだけで、難民=テロリスト、と誤解する人が多いですが、それは偏見にすぎないと思います。

実際、この容疑者を捕まえようとして追いかけたり(以下8月21日に追記情報あり)、負傷者を助けた人の中で難民の方もいたと報道されています。その方達へのインタビューもあります。ですから、誤解してはなりません。

この偏見が脅威的な人種差別主義となって、フィンランド国内では頻繁にデモなどが展開されています。

移住してからは、人種差別主義者の際立った行動が報道されたり、実際目にすることが多いです。そのたびに、自分はここでは外国人であることを再認識させられます。

喋る言語がフィンランド語であっても、容貌はアジア人、日本人。ですから、国籍が例えフィンランドであっても「外国人」と断定されます。今回、最初の報道で容疑者の容貌を「外国人風」と表現されました。

 

2年前の難民受け入れ当時も反対デモは繰り広げられていましたが、今回の事件でさらに広がると思われ、フィンランド全土の警察はその対応に追われることになります。

難民受け入れ反対を叫ぶ前に、根本的に難民を作り出した社会背景や情勢、そして各国の受け入れ体制などについてをよく考え改善する必要があります。

自分の専門分野の持続可能な社会には「多様性」が必要、と言われます。しかし、一体、多様性とはなんでしょうか。今回の事件を受けて、私自身、移民として複雑な思いが募っています。

 


追記8月21日

容疑者についての追加記事です。容疑者は、難民申請の滞在許可が下りないことがわかりはじめたころから、それまで通っていたモスクに来なくなりました。また、難民収容所の近くにあるビザレストランのトイレを無断使用したり、水などを勝手に飲んだりするなどの行為があったということです。

次に容疑者を捕まえようとした人々についての追加記事です。事件当時、マーケット広場で仕事をしていたクルド人難民の男性が、周りの人々へ避難するよう呼びかけながら、犯人を捕まえようと追いかけていたようです。この方も、犯人に数カ所刺されています。

 

ここからは昨日のニュースの記事ですが、現在容疑者は治療中の病院に滞在していますが、容疑者を脅迫するような文書が病院に届いているようで、警察は病院周辺の警備も厳戒態勢に入っています。

こうした事件の真相が明らかになってくると、日本で過去に起きた秋葉原通り魔殺人事件が思い出されます。

 

本日午後のニュースでは、フィンランド南西部の警察が、今年2017年の始めに容疑者が過激な思想に傾倒している、との情報を得ていたとの報道がありました。しかし、国家セキュリティ情報局では、具体的なテロ計画の情報は含まれていなかったとしています。

こうした情報は、過去に1000件以上も寄せられ一つひとつをフォローしているが、優先順位付けるのが必要だと、情報局は説明しています。

また今回の容疑者は要注意人物リストには入っていなかったと話しています。