2019年、および2010年代を振り返って

毎年恒例の一年の振り返りと翌年への抱負などを書いていきます。今回は、2010年代の終わりということもあり、過去10年間についても簡単に振り返ってみたいと思います。

1, 2019年の振り返り

2019年は、一言で表すなら「変化の兆し」の年でした。2018年の暮れにサステナビリティ支援について「来年以降は少しずつ別のアプローチでも支援していきたいと考えている」と書きました。それを今年一年かけて考えたり試したり体験したりしました。具体的には、二つあります。

一つは、最近の関心ごととして多方面で伝えている「Transition Design(持続可能な社会へ向かうための新しいデザイン研究・実践分野)」です。
参加したセミナーにでこちらの概念について初めて知りました。来年は、ネットをはじめ文献、またセミナーなどがあれば参加したり専門家などに話しを聞いたりして理解を深めて、何か実践分野に取り組めたらチャレンジしたいと考えています。

お読みになっている方で、もしこちらの分野に詳しい方、詳しい文献や活動などがあればご連絡いただけますと幸いです。

もう一つは、「複雑な問題の解決策や創造性を生み出す対話型アプローチ」です。
こちらは2003年のCSR元年から非財務情報開示に携わってきましたが、こうしたベンチマークや調査分析などの手段の評価型のみでは、複雑な問題・課題を解決に導くには非常に限られた範囲でしか携われないこと。物事の核心を捉えてどう解いていくかをもう少し考えていかなければならないほど、複雑な世界になってきたこと。こうした背景から、創造的な解決策を生み出すといわれている対話型アプローチを試みています。

実際には、自主プロジェクトとして運営している「Circular Economy Lab Japan」にて、ワークショップを独自開発して運営実施しました。2019年は1回のみでしたが、2020年は対象者や回数を増やしてこの対話型アプローチを促進していきたいと考えています。

こうした変化の予兆を自分自身で起こしていると、ありがたいことにそこに関わっている人々との出会いがありました。一人と出会うと芋づる式に何人の方との出会いがあり、昨年では予想もしなかった方々との縁に恵まれました。この場を借りてお礼を申し上げます。

いただいたご縁を来年はより深めたりさらに広げたりして、自分自身の成長を育んでいきたいと思います。また今年のご縁は、今まで一緒に仕事をしてきた分野の同僚や上司・先輩後輩とは全く別世界の方々なので、自分の多様性が培われてきた感じがします。

2020年は、主にこの2つの関心分野を深めていくこと、引き続き非財務情報開示の分野での展開を行うことを実行していきたいと思います。

 

フィンランド国内における2019年の出来事は、男子アイスホッケー世界選手権で優勝(2011年以来)、フィンランド代表 EURO2020に初出場、そして世界最年少の女性首相誕生の3つに注目されました。
2020年は、そのEU2020の盛り上がりとマリン首相の手腕に注目が集まると予想されます。

日本の2020年は、オリンピック・イヤーで世界中から注目が集まる年になりますね。

 

2、2010年代の振り返り

まずは非財務情報開示分野における2010年代の動きをざっと振り返ってみたいと思います。

2010年:社会的責任の国際ガイドライン「ISO26000」発行
2011年:「ビジネスと人権の指導原則」発表(UN)
2012年:環境省「環境報告ガイドライン 2012年版」発表(日本)
2013年:IIRC「統合報告フレークワーク」発行、持続可能性国際報告ガイドライン「GRI-G4」発行
2014年:「非財務情報開示の義務指令」採択(EU)
2015年:「SDGs」採択(UN)、「パリ協定」採択、「現代奴隷法」成立(英国)、GPIFがPRIの署名機関となり、ESG投資が拡大、サーキュラーエコノミー 政策 発表(EU)
2016年:持続可能性国際報告ガイドライン「GRIスタンダート」発行
2017年:持続可能な調達ガイドライン「ISO20400」発行
2018年:環境省「環境報告ガイドライン 2018年版」発表(日本)

こうしてみてみると、ガイドライン構築の10年だったことがよくわかります。自身も、微力ながらGRI-G4のピア・レビューを担当したり、最近ではWBCSDが運営するReporting Exchangeにてモデレーターとして日本の動向レポートのレビューを担当したり、プラットフォームづくりをサポートさせてただいたりと、学ばせていただきながらの基盤づくりの10年だったと実感します。

2020年代は、こうしたガイドラインを基により具体的な利用に結びつけ、かつ一般社会により広く浸透するような活動を行っていきたいと考えています。

またガイドラインだけではなく、評価機関からの対応業務も増えている中、本当にやるべきこと、なぜそれをやるのかなどの背景目的も考えながら評価機関へ対応していくことが求められると思います。やみくもに高得点を目指すことになりがちですので、そこはしっかり企業内で議論や社会と対話を行っていく必要があると考えます。

 

フィンランドの2010年代は、不況の脱出にもがいた10年間のように捉えられます。自身が移住した2013年の失業率は、確か8か9%で、その翌年か翌々年には10%台になったのを覚えています。そんな中、2015年にEU政策として提言されたサーキュラーエコノミー を自国の政策の一つとし、ロードマップを掲げました。経済の発展と雇用創出を目的に、さまざまな取り組みが行われました。ベーシックインカムの実証実験もその一つだと言えます。また、同姓法も施行されました。

一方で、EU諸国全体の課題として、移民・難民問題に揺らいだ10年でもあります。テロとの戦いという言葉が、自身が住む街に現実となって表れたのが、2017年8月の出来事でした。

こうした10年間を振り返ると、次の世代に相応しい30代の女性首相が表れても当然だという風潮もどことなく感じます。フィンランドは、若い時から政治との距離が近いため、自分たちの意見が直に政治に届く社会であることを知っています。

2020年代は過去10年間の不況から好転して国が栄えるよう、そして国民は基より、移民・難民に対しても住みやすい社会づくりが求められてくると思います。

 

最後にプライベートの2010年代を振り返ってみますと、結婚、移住、妊娠から育児、そして開業とライフステージが劇的に変化した10年でありました。2020年代は、ここフィンランドでの事業の展開、そしてプライベートでは子どもが成長するとともに家族のあり方や子どもとの関係性にも変化が表れてくるのではないかと思っています。

いずれにせよ、次の10年はもう人生の半ばに身を置くことになります。今まで微力ながらに築いてきたキャリアや経験を少しでも社会へ還元できたら、そして自身の学びも続けながら健康に人生を送ることができたらと思います。また限られた時間とエネルギーの使い方を考えてみたいと思います。

 

今年一年ご愛読および当事業サービスをご利用いただきありがとうございました。引き続き来年もよろしくお願い申し上げます。

それでは良いお年をお迎えくださいませ。

Rauhallista Uutta Vuotta!

 

藤原斗希子   Tokiko Fujiwara-Achren
Towards Future Action – ToFuAc

 

フィンランド・トゥルクで起きた無差別殺傷事件について

*事件後の捜査などで明らかになってきたことなどを、随時、追記および修正しています。

2017年8月18日午後4時ごろ、フィンランドの古都、トゥルク市の中心地において、無差別殺傷事件が発生しました。2人が死亡、8人が重軽傷を負い、このうち3人が危篤状態です。

フィンランド南西部の警察によると、容疑者は18歳のモロッコ国籍の男性。警官が容疑者の足を撃って、身柄を拘束し現在病院にて治療中。この他に4人が拘束されました。現在、殺人とテロの両方から捜査を行っています(8月19日午後2時現在)。容疑者は昨年難民として入国し、トゥルクの難民収容所にいましたが、滞在許可がおりていなかったとか(以下8月21日に追加情報あり)

事件当時、16:02に警察へ緊急事態発生の連絡が入り、警官が現場にかけつけ、容疑者の足を撃ったのが16:05。たった3分で容疑者を抑えましたが、死傷者が10名となりました。

トゥルク市は人口およそ19万人。トゥルク港があり、隣国スウェーデン人が多く住み、ヘルシンキと同様、街中の標識はフィンランド語とスウェーデン語で表記され、やや外に開けた街です。

実はこのトゥルクには2014年から住んでいます。同日の朝、まさにその現場にいました。事件発生のちょうど6時間前。このニュースを聞いた途端、身震いがしました。

現場は、トゥルク市のシンボルの一つであるマーケット広場。自宅からバスで10-15分ほどのところで、日本でいうなら、自宅の最寄駅にあるショッピングセンターや商店街が狙われたという感覚でしょうか。

このニュースは日本でも報道されていたようで、実家をはじめ友人知人たちから安否確認のメッセージが来ました。

まさか自分の住む街でこのような惨事が起こるとはありえない。一方で、19万人の街でも何が起こるかわからない。こうした想いが常にありましたが、残念なことに起こってしまいました。

フィンランドは安全で差別のない国。そんな声はもう世界からは言われなくなるでしょう。それは今、明らかになっただけであって、国内では以前から安全性や差別に対する事件が報道されており、いつもそのギャップに挟まれていました。

そう、世界中で安全な国や地域は、もはやありません。

 


追記8月20日

事件が起きた翌日、事件現場にはロウソクや花束が手向けられ、多くの人々がこの惨事を嘆いていました。

その傍らで、外国人、移民・難民者反対!というデモと、それに反対する(人種差別に反対する)人々が対立し、その周囲を警察が取り囲むという、まさに今の世界を縮小しているような光景がありました。

そして2日後の20日午前10時から、事故現場で黙祷が捧げられました。

 

今回の容疑者は今のところテロ組織ISISとの関与はないので(テロ組織の犯行声明は発表されていない)、おそらく個人として何らかの動機があっての行動に移ったのだと推測されています。

各メディアで「テロ事件」と書かれていますが、現状はテロ組織とは関係ないので、「無差別殺傷事件」「通り魔事件」というのが事実かと思われます。

今回の容疑者がモロッコ国籍の難民、というだけで、難民=テロリスト、と誤解する人が多いですが、それは偏見にすぎないと思います。

実際、この容疑者を捕まえようとして追いかけたり(以下8月21日に追記情報あり)、負傷者を助けた人の中で難民の方もいたと報道されています。その方達へのインタビューもあります。ですから、誤解してはなりません。

この偏見が脅威的な人種差別主義となって、フィンランド国内では頻繁にデモなどが展開されています。

移住してからは、人種差別主義者の際立った行動が報道されたり、実際目にすることが多いです。そのたびに、自分はここでは外国人であることを再認識させられます。

喋る言語がフィンランド語であっても、容貌はアジア人、日本人。ですから、国籍が例えフィンランドであっても「外国人」と断定されます。今回、最初の報道で容疑者の容貌を「外国人風」と表現されました。

 

2年前の難民受け入れ当時も反対デモは繰り広げられていましたが、今回の事件でさらに広がると思われ、フィンランド全土の警察はその対応に追われることになります。

難民受け入れ反対を叫ぶ前に、根本的に難民を作り出した社会背景や情勢、そして各国の受け入れ体制などについてをよく考え改善する必要があります。

自分の専門分野の持続可能な社会には「多様性」が必要、と言われます。しかし、一体、多様性とはなんでしょうか。今回の事件を受けて、私自身、移民として複雑な思いが募っています。

 


追記8月21日

容疑者についての追加記事です。容疑者は、難民申請の滞在許可が下りないことがわかりはじめたころから、それまで通っていたモスクに来なくなりました。また、難民収容所の近くにあるビザレストランのトイレを無断使用したり、水などを勝手に飲んだりするなどの行為があったということです。

次に容疑者を捕まえようとした人々についての追加記事です。事件当時、マーケット広場で仕事をしていたクルド人難民の男性が、周りの人々へ避難するよう呼びかけながら、犯人を捕まえようと追いかけていたようです。この方も、犯人に数カ所刺されています。

 

ここからは昨日のニュースの記事ですが、現在容疑者は治療中の病院に滞在していますが、容疑者を脅迫するような文書が病院に届いているようで、警察は病院周辺の警備も厳戒態勢に入っています。

こうした事件の真相が明らかになってくると、日本で過去に起きた秋葉原通り魔殺人事件が思い出されます。

 

本日午後のニュースでは、フィンランド南西部の警察が、今年2017年の始めに容疑者が過激な思想に傾倒している、との情報を得ていたとの報道がありました。しかし、国家セキュリティ情報局では、具体的なテロ計画の情報は含まれていなかったとしています。

こうした情報は、過去に1000件以上も寄せられ一つひとつをフォローしているが、優先順位付けるのが必要だと、情報局は説明しています。

また今回の容疑者は要注意人物リストには入っていなかったと話しています。