さようなら2018年

毎年恒例の一年の振り返りと次年への抱負などを書いていきます。

2018年は、業務時間が昨年よりさらに増えたこともあり、業務量が一気に増えました。レポーティング業務を中心に、あらゆる方面からさまざまなお問い合わせをいただきまして、この場を借りてお礼を申し上げます。

今年は、思いもかけない方々からのお問い合わせや出会いがあった年でした。その中で、今まで培ってきた能力や経験を還元できる機会がありました。20代は挑戦、30代は深化、40代は社会還元、と自分のキャリアが正にその流れに乗ってきたことは、とても嬉しく思いました(すべてがこれに当てはまるわけではありませんが)。

さて、私が2003年のCSR元年からこのサステナビリティ分野に関わり15年が過ぎました。途中、この世界からやや離れた時期もありましたが、15年間関わってきたからこそ見えてきた課題があります。

レポーティング(情報開示)の知識や支援を深めると同時に、今後はサステナビリティ活動そのものにもう少し焦点をあて、取り組みの初段階からの支援を強化していきたいと考えています。

この世界に関わった15年とは、SDGsの目標達成期間と同じ長さです。今から15年前の日本社会を振り返ってみると、「『環境』では食べていけない・利益がでない」「サステナビリティって何?」「本業と違うことして何になる?」という反応が多かったです。

そこから今現在をみると、日本の大企業を中心に認知度や理解度は格段に上がり、行動や成果も分野によっては多少変化がみられるようになってきました。もちろん個人の意識にも変化がありました。

今から15年先はどうでしょうか?まだまだ認知度や理解度の浸透は図っていかなくてはなりませんが、行動や取り組みの成果を出していかなければなりません。

そのようなことも考えながら、来年以降は少しずつ別のアプローチでも支援していきたいと考えています。

来年は、フィンランドに在住して7年目になります。フィンランドの市場は日本と比べてかなり小さいですが、小さいが故に動きが速いのが目に止まります。

2018年は、サーキュラーエコノミー 関連のビジネスがあちらこちらで沸き起こり、独立記念日の大統領夫妻による祝賀会のテーマが「環境」となるほどの盛況ぶりでした。

2019年はどんな年になるのでしょうか?日本にとっては、平成が終わり新しい時代が幕を開けます。そのような年に、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を迎えます。

個人として、引き続き両国への関わりを微力ながらもさらに広めて、持続可能な社会への支援を深めていきたいと思います。

今年一年ご愛読および事業サービスをご利用いただきありがとうございました。
それでは良いお年をお迎えくださいませ。

Rauhallista Uutta Vuotta!


広告

海外在住日本人のネット投票への意見募集

海外在住の日本人が日本の選挙に参政するには、以下の手順が必要になります。

1、在外選挙人の登録:
郵送で本籍地の選挙管理委員会宛てに郵送で登録申請を行う。登録完了までおよそ2〜3ヶ月かかる

2、投票方法:
選挙人の登録が完了したら、実際に投票するために3つの方法の中から選ぶ。
1)現地の大使館で投票
投票期間は国によって異なるが、だいたい3〜5日以内。
2)郵便投票
本籍地の選挙管理委員会宛てに、まず投票用紙の申請を行う。用紙受理後に再び選挙管理委員会へ返送。このやりとりをだいたい2〜3週間で行う。
3)選挙期間中に本籍地で投票
国内投票と同じ

ざっとこんな感じの手順ですが、先日の選挙では2)の方法で用紙が届かない、届いたら投票日当日だった、という方々の意見が多く聞かれ、河野外相が「ネット投票の導入に向けて検討する」と公表しました。

それに伴って、外務省では在外公館のサービスに関するアンケートを実施し、その中に在外選挙に関する質問が設けられました。

以前より、海外在住の日本人の間では、日本と郵送でやりとりすることが非常に不便であることが言われていました。アジア地域ならともかく、欧州となると普通郵便で片道約1週間はかかりますから、現状ではギリギリ(書き留めやEMSを使っても日本のような迅速な郵便事情ではないため遅れる可能性大)というところです。

私はフィンランドに移住してから現在のところ、2回の選挙に参政しました。いずれもなんとか時間とお金と労力を費やし、約20ユーロの高速バスに往復5時間揺られ、ヘルシンキの日本大使館へ足を運んでいます。

こんな状況はまだまだ良い方で、地方在住の友人たちは、毎回郵送投票で用紙がいつ届くか心配しながら手配し、今回用紙が届いたのが投票日の前日。あえなく棄権という事態に。別の友人は、投票期間4日間のうちのフライトが取れず断念。という状況で、せっかく選挙人の登録をしてもこれでは意味がありません。

すべてネット投票に切り替えるのは、セキュリティ上危険だ、という声もちらほら聞こえてきますが(実際にセキュリティ対策が厳重なフィンランドでさえ、まだネット投票は導入していません)、せめて投票用紙の申請ぐらいはネットで実施しても良いかと思います。

こうして遠隔地から大声を張り上げても届かない、変わらないことはわかっていますが、海外在住日本人にとってみれば、外に出て改めて母国の行く末が気になるところもあり、このような機会を利用して意見を伝えていく必要があると思います。

というわけで、海外在住の日本人のみなさん、以下のサイトよりアンケートに答えられますので、ぜひ意見しましょう。

また周りに海外在住の友人知人の方々がいらっしゃるみなさん、ぜひその方々にシェアしてください。

外務省、領事サービス向上・改善のためのアンケート調査