さようなら2018年

毎年恒例の一年の振り返りと次年への抱負などを書いていきます。

2018年は、業務時間が昨年よりさらに増えたこともあり、業務量が一気に増えました。レポーティング業務を中心に、あらゆる方面からさまざまなお問い合わせをいただきまして、この場を借りてお礼を申し上げます。

今年は、思いもかけない方々からのお問い合わせや出会いがあった年でした。その中で、今まで培ってきた能力や経験を還元できる機会がありました。20代は挑戦、30代は深化、40代は社会還元、と自分のキャリアが正にその流れに乗ってきたことは、とても嬉しく思いました(すべてがこれに当てはまるわけではありませんが)。

さて、私が2003年のCSR元年からこのサステナビリティ分野に関わり15年が過ぎました。途中、この世界からやや離れた時期もありましたが、15年間関わってきたからこそ見えてきた課題があります。

レポーティング(情報開示)の知識や支援を深めると同時に、今後はサステナビリティ活動そのものにもう少し焦点をあて、取り組みの初段階からの支援を強化していきたいと考えています。

この世界に関わった15年とは、SDGsの目標達成期間と同じ長さです。今から15年前の日本社会を振り返ってみると、「『環境』では食べていけない・利益がでない」「サステナビリティって何?」「本業と違うことして何になる?」という反応が多かったです。

そこから今現在をみると、日本の大企業を中心に認知度や理解度は格段に上がり、行動や成果も分野によっては多少変化がみられるようになってきました。もちろん個人の意識にも変化がありました。

今から15年先はどうでしょうか?まだまだ認知度や理解度の浸透は図っていかなくてはなりませんが、行動や取り組みの成果を出していかなければなりません。

そのようなことも考えながら、来年以降は少しずつ別のアプローチでも支援していきたいと考えています。

来年は、フィンランドに在住して7年目になります。フィンランドの市場は日本と比べてかなり小さいですが、小さいが故に動きが速いのが目に止まります。

2018年は、サーキュラーエコノミー 関連のビジネスがあちらこちらで沸き起こり、独立記念日の大統領夫妻による祝賀会のテーマが「環境」となるほどの盛況ぶりでした。

2019年はどんな年になるのでしょうか?日本にとっては、平成が終わり新しい時代が幕を開けます。そのような年に、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を迎えます。

個人として、引き続き両国への関わりを微力ながらもさらに広めて、持続可能な社会への支援を深めていきたいと思います。

今年一年ご愛読および事業サービスをご利用いただきありがとうございました。
それでは良いお年をお迎えくださいませ。

Rauhallista Uutta Vuotta!


広告

Circular Eco – サーキュラーエコノミーを知るための総合ガイド 海外ベストプラクティス集を発信

フィンランドは、サーキュラーエコノミー を促進していくことを掲げていますが、他の欧州諸国は、どのような戦略や取り組みがあるのでしょうか?

サーキュラーエコノミー に取り組む日本企業はまだ存在しないようですが、ここフィンランドをはじめとする欧州諸国では、これからの経済成長の鍵として大きく注目されています。

欧州諸国の経済の構造が変わろうとする中、では日本企業はどのような取り組みが求められ、必要とされてくるでしょうか?また欧州諸国がやっているから、という理由だけでなく、社会全体の持続可能性を考える上で、企業の取り組みがどのように影響を与えるか(与えることができるのか)?

そんな視点から、フィンランドを含めた欧州諸国のサーキュラーエコノミー に関する専門のサイトを設けました。

Circular Eco – サーキュラーエコノミー を知るための総合ガイド・海外ベストプラクティス集

フィンランドだけではなく、ドイツやオランダの事例などがすでに発信されています。今後各分野における取り組みや事例集を更新していきますので、ぜひお読みいただければと思います。