さようなら2018年

毎年恒例の一年の振り返りと次年への抱負などを書いていきます。

2018年は、業務時間が昨年よりさらに増えたこともあり、業務量が一気に増えました。レポーティング業務を中心に、あらゆる方面からさまざまなお問い合わせをいただきまして、この場を借りてお礼を申し上げます。

今年は、思いもかけない方々からのお問い合わせや出会いがあった年でした。その中で、今まで培ってきた能力や経験を還元できる機会がありました。20代は挑戦、30代は深化、40代は社会還元、と自分のキャリアが正にその流れに乗ってきたことは、とても嬉しく思いました(すべてがこれに当てはまるわけではありませんが)。

さて、私が2003年のCSR元年からこのサステナビリティ分野に関わり15年が過ぎました。途中、この世界からやや離れた時期もありましたが、15年間関わってきたからこそ見えてきた課題があります。

レポーティング(情報開示)の知識や支援を深めると同時に、今後はサステナビリティ活動そのものにもう少し焦点をあて、取り組みの初段階からの支援を強化していきたいと考えています。

この世界に関わった15年とは、SDGsの目標達成期間と同じ長さです。今から15年前の日本社会を振り返ってみると、「『環境』では食べていけない・利益がでない」「サステナビリティって何?」「本業と違うことして何になる?」という反応が多かったです。

そこから今現在をみると、日本の大企業を中心に認知度や理解度は格段に上がり、行動や成果も分野によっては多少変化がみられるようになってきました。もちろん個人の意識にも変化がありました。

今から15年先はどうでしょうか?まだまだ認知度や理解度の浸透は図っていかなくてはなりませんが、行動や取り組みの成果を出していかなければなりません。

そのようなことも考えながら、来年以降は少しずつ別のアプローチでも支援していきたいと考えています。

来年は、フィンランドに在住して7年目になります。フィンランドの市場は日本と比べてかなり小さいですが、小さいが故に動きが速いのが目に止まります。

2018年は、サーキュラーエコノミー 関連のビジネスがあちらこちらで沸き起こり、独立記念日の大統領夫妻による祝賀会のテーマが「環境」となるほどの盛況ぶりでした。

2019年はどんな年になるのでしょうか?日本にとっては、平成が終わり新しい時代が幕を開けます。そのような年に、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を迎えます。

個人として、引き続き両国への関わりを微力ながらもさらに広めて、持続可能な社会への支援を深めていきたいと思います。

今年一年ご愛読および事業サービスをご利用いただきありがとうございました。
それでは良いお年をお迎えくださいませ。

Rauhallista Uutta Vuotta!


広告

2018年上半期を振り返って

先日知人から「最近ボランティア活動してる?」と聞かれ、ハッとした。

このサステナビリティ分野の仕事に就く前までは、週末を中心に主に環境保全活動を実施しているNGOの活動に参加していた。もうかれこれ20年近く前のことである。参加した期間はさほど長くなかったが、たしか2,3年は継続していた記憶がある。

それからこの世界へ転職し、フィンランドに移住し、子どもができ育児をしているうちに、すっかりボランティア活動のことを忘れていた。

ボランティア活動をしているかしていないかで、何かが変わるわけでも評価が伴うわけでもなんでもない。ただ、知人からの質問に対して気付かされたというのは、この世界で日々仕事をして、一日中パソコンとにらめっこしながら文章を書いたりリサーチしたり、数字を並べたりして世界で今起こっていることを文字や数字ではわかっても、特に自然環境の深刻さを肌で感じ取ることはできていないということだ。

その知人は、以前は国際的な大きな機関で働いていたのだが、ある時そこの機関で働くことにまったく興味を失ったそうだ。官僚的で、常に机上でしか物事が進まないことにストレスを感じ、本当にこれで解決に向かっているのだろうか?と自問自答したそうだ。そしてそこの組織から抜けて自身のサステナビリティ関連の会社を設立。今では自分の仕事と週末ボランティア(もう10年以上継続)をやることができて、ものすごくハッピーだと話していた。

以前は、この環境や社会課題解決に向けた活動やビジネスは「儲からない」などと言われ、日本では「ボランティア活動」や企業の「社会貢献活動」として取り組んでいる個人や組織が多かった。しかし今では「儲かる」「儲からない」という議論より、地球全体がもうサステナビリティに向けて舵を取らなければ、存続の危機を迎える(すでに迎えている)という認識の下に取り組む国、地域、社会、組織、そして個人が多くなってきた。

それでもボランティア活動は地道に行なっていかなければならない分野や地域はまだまだある。それを見ずに自分のビジネスはサステナビリティに関連したものだから、ボランティア活動はしなくてもいい・利益が伴わないからやらない・やってられないなどと誤解してはならない。

この世界で食べている人は兎角、自分も含めてボランティア活動を置いてけぼりにしやすいのではないかと思ったのだ。

サステナビリティ関連の仕事は多岐にわたり、あらゆる分野の人々が携わり解決に向けて動いている。それでも現実の問題や課題は山積みとなっている。利益やビジネス以外の部分でも活動をしていかなければ、もう間に合わないのではないか。

同じ世界で働く知人から、ボランティア活動の意義について問われたような気がした。
そしてもう一つ気付かされたのは、仕事に対する熱意や情熱を持つことと本質を見抜くことだ。

サステナビリティ関連の仕事だけではなく、一般的に言って仕事に対する情熱は、非常に大事だと思う。それには自分の仕事が好きか嫌いかという前提がある。嫌いな仕事に対して情熱を傾けるのは至難の技だ。でも好きな仕事に情熱を傾けるのは自然なことで、これほど人間として幸せなことはないと思う。

知人は、元は化学エンジニアだったが、植樹ボランティアに参加したことがきっかけで、この世界に転職。それ以来、サステナビリティに情熱を傾ける毎日だという。

しかしこのサステナビリティ関連の仕事は、好きな仕事に携われたからといって自己満足で終わっては意味がない。対象とする社会や組織、国や地域、または一人ひとりの個人がサステナビリティに向けて行動し、社会全体がより良い方向へ変わることを目的に業務を遂行している。

よくある「○○ランキング」などの上位を目指して活動しているのでもない。自己満足はこういう取り組みから感じられることが多く、以前は上辺だけで環境に取り組んでいるかのように見せかける「グリーンウォッシュ」や、最近ではSDGsのゴールのアイコンだけを並べてさも貢献していますかのように見せかける「SDGウォッシュ」というのも出てきているようだ。

このような観点から自分自身の日々の仕事を振り返ると、「レポーティングだけできて実活動は本当に実施され改善されているのだろうか」という疑問を持ち続けなければならない。組織にとっては、レポートを出すだけで満足したり、評価機関からの評価が良かったからといってそれだけで喜んでいては本末転倒である。

サステナビリティに取り組んでいるのは「良いこと」という意味ではない。取り組んでいるから「すばらしい」のではない。もうやって「当たり前」のレベルにきていて、課題の深刻さを正確に認識し、行動に移し、改善できるところまでいかなければ、本質ではない。

こういうところを見抜きながら継続していくには、やはりサステナビリティの仕事へ対する情熱を持ち続けることが大切だと再認識させられた。

 

あまり話がまとまらないのだが、久しぶりに同志と熱く語り、自分を振り返るきっかけになったことを書いてみた。日々の業務に追われていると、こうした大切なことを忘れがちで、自身で振り返ることもなくなっていた。貴重な語らいの時間であり、今年上半期を振り返る良い機会であった。