感染症と共に生きる時代へ〜その2「COVID-19後の世界における新たな変化」〜

フィンランドのシンクタンク”Demos Helsinki”にて先日「COVID-19後の世界における新たな変化」と題してWebinarが開催された。そこでの議論および、フィンランドをはじめ世界におけるこれからのゲームチェンジを考える備忘録として照会する。

 

この日の議題は、以下4つであった。

  1. 危機は常に社会の変化を加速させる
  2. COVID-19後の7つの新たな変化
  3. 今日わたしたちにできることは?
  4. いま共有する4つのポイント

2と4に注力して紹介する。

 

COVID-19後の7つの新たな変化

「企業」「政府」「市民」の3つのセクターの関連性の切り口として、新たな変化を捉えていた。

7つの変化とは

  1. Steering:主導
  2. Platform Governance : プラットフォームガバナンス
  3. Global systems : 国際的なシステム
  4. Governance:ガバナンス(統治)
  5. Universalism:ユーニバーサリズム(普遍主義)
  6. Work:労働
  7. Consumption:消費

現状は

 

1: 主導
経済成長を目的とした政府主導である

2: プラットフォームガバナンス
今後数年間のテーマである

3: グローバルシステム
複雑な経済システムである

4: ガバナンス
アプローチと出現の分岐ガバナンスである

5: 普遍主義
政策成果を提供するための新しい方法への需要が高まる

6: 労働
失業率は急速に上昇し続ける

7: 消費
消費パターンが根本的に変わる

 

 

これから数年後には

 

1: 主導
運営(主導)と実行可能(実践)主導

2: プラットフォームガバナンス
公益プラットフォームと私益プラットフォーム

3: グローバルシステム
国際的な生産ネットワークとローカルな生産ネットワーク

4: ガバナンス
変革的と安定的な統治

5: 普遍主義
団結・結束型と広範囲にわたるサービス提供

6: 労働
生涯学習と構造的な失業

7: 消費
eコマースと価値に基づく消費

 

いま共有する4つのポイント

まだまだ収束の見通しが立たない現状で一旦世界と共有することは、

  1. 未来を予測する
    将来の見通しを明確にすることから一旦離れて、常に仮説をテストして再評価する
  2. 新しい役割を再考する
    新しいことは、新しいプレイヤーをイメージすることから始まり、最終的には権力の再分配につながる
  3. 能力を高める
    変化を先導するには新しい能力が必要であり、これは個人と組織の両方に当てはまる
  4. レジリエンスを構築する
    弾力性・回復力のある運用モデルは、将来危機が迫ってきた時に現在よりも優れた対応ができる

 

セミナー中に参加者へいくつか質問があり、その内容と多数の回答があった項目を照会する。

Q1. 現在の危機によって最も増幅される傾向はどんなことでしょうか?

  • デジタリゼーション
  • ローカリズム(地域主義)
  • レジリエンス(回復・弾力性)
  • テレワーク・リモートワーク
  • 不平等
  • メンタルヘルスへの障害
  • 分断

Q2. 政府とテクノロジー企業の関係はどのように変化しますか?(賛同者数)

  • ハイテク大手企業が成長する (およそ80人)
  • 政府とテクノロジー企業の間の協力が深まる (およそ170人)
  • 政府はハイテク企業の経済活動を制限するように働きかける (およそ60人)

Q3. 個人消費においてはどのような変化があると思いますか?

  • 航空旅行の削減
  • 消費の削減・生産の削減・本質的な購買へ
  • 地域のサプライチェーンやビジネスを支援
  • DIY文化の増加

Q4. 根本的な福祉制度の改革はどのように変化すると思いますか?(賛同者数は特に開示されず、やや論点として持ち越した)

  • 危機を乗り越えるための瞬間的な支援
  • 永続的な経済援助としてユニバーサル・ベーシック・インカムを導入
  • 成長ではなく、人間界と自然界に焦点をあてた経済システムへシフト

Q5. 今日からどんなことをやりますか?

  • この状況、もしくはこれから来るだろう新しい世界へフィットさせるために、自分のルールを再考する
  • 常にポジティブでいる
  • サステナブルな生活として、地域のビジネスや食を支援し続ける
  • 次世代と一緒に学ぶ

 

4つのポイントの一つとしてあがっている「未来を予測する」は、決して目標計画をつくることではない。

いま自分がどんな社会をつくりたいのか、どんな社会に住みたいのか、どんな社会で生きていきたいのかを想像・創造しながら常に実装し改善することの繰り返しが、これからの社会には必要である。そこには新しいルールや役割を設定し、かつそれも改善を繰り返すことでレジリエンスを構築していくことになるのだろう。
わたしたちが心底大切なものを守りながら。

資料元:DemosHelsinkiのWebinarより

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中