フィンランドの独立100周年を迎えて

昨日12月6日は、フィンランドの独立記念日で今年は100周年を迎えました。1年以上前から国内ではこの日に向けていろいろなプロジェクトが展開されていました。100周年のテーマは「Yhdessä」(みんなで一緒に祝おう)。

独立前日の5日午後2時より、コーヒー消費量世界一を誇るフィンランドらしく全国一斉にコーヒータイムを設けて、100周年の祝福がスタート。6日の午前には、フィンランド政府よりフィンランド語とスウェーデン語で国民に向けてお祝いのメッセージを送信。

File 07-12-2017, 7.34.30

その後、全国各地ではナショナルカラーの青色にライトアップされた観光名所や軍隊パレード、アーチストによるさまざまなイベントが開催。

私が住む古都トゥルクでも、同じく青色にライトアップされたトゥルク城をバックに、フィンランドを擬人化したスオミネイトによるアクロバットショーが展開。

Photo 06-12-2017, 19.08.19

Photo 06-12-2017, 19.29.33

クレーン車で吊るされたスオミネイト。どことなくフィンランドの国土に見えますね。このあと中からスオミネイトが現れ、4分強におよぶアクロバットショーが披露されました。途中、ドローンも出現していました。

このスオミネイト。本来はAuraという名前だったそうで、Auraはここトゥルクの中心部を流れるアウラ川から名付けられたとか。由緒ある地で100周年を祝うというストーリーがやや感動的でした。

スオミネイトのアクロバットショーが披露されている間、地上では炎が舞い踊り(左の写真)、独立前後の国民の怒りや恐れを表しているようでした。右の写真はこのショーのライトにより浮かび上がったトゥルク城です。

 

通常、独立記念日は、大統領官邸で行われる記念式典を各家庭で観るのが定番。まるで日本の大晦日に観る紅白歌合戦のようにテレビの前に家族が集まり、その一年に活躍した各界の人々が入場してくるのを観るのが楽しみのようです。特に女性が着こなすドレスや招待客のパートナーなど、楽しみはいろいろです。

 

今年は地元の歴史的な祭典を見ながら、常に大国ロシアの脅威と背中合わせにある小国家が、今では先進国の一国となり、世界から高い評価を得る国となったその歴史は、はるかに想像を超えるものだと感じていました。

この記念すべき年に家族で住んでいることを誇りに思い、過去100年の歴史を築いてきた先人たちに敬意を払いたいと思います。

これからの50年、100年も国の成長と繁栄を、そして何よりも平和に存続することを祈りつつ。これからは在住者として極めて微力ですが、その繁栄に貢献していきたいと思います。

おめでとう、フィンランド共和国!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中