EU経済の足を引っ張るフィンランドの経済不況

ここ5,6年ずっと経済不況から脱出できずにいるフィンランド。日本ではこのニュースは伝えられていないかもしれないが毎月の失業率はぼほ9%のままで、今年もまた経済回復できずに2017年を迎えそうだ。

先日EU委員会から「2016年の政府予算計画をもっと具体的に。財政赤字はGDPの0.6%に低減するべき。フィンランドはEU諸国の中で最悪の経済状況だ」という指摘があったという。それに対して財政大臣のOrpo氏は、「経済状況は深刻ではあるが、このレベルはまだ最悪とは言えない」などと発言。

数日後にEU委員会へ返答した内容は、具体的に労働力全体の実質賃金をカットする競争力協定を締結し、4万人の雇用を生み出す。また社会保険制度の改革を進め、将来に向けて国の貯蓄を確保すると述べている。

EU委員会によれば、フィンランドのほかにイタリア、キプロスの経済不況が最悪の状態だという。

前回書いたフィンランドの強みは「イノベーション」と「テクノロジー」だ。これを武器に経済回復を、と各方面で言われているが中々画期的なものは今のところ出てこない。

来年2017年は、フィンランド共和国の独立100周年の年だ。この年に少しでも景気回復をと期待するのは、何も移民の私だけでなく周りのフィンランド人たちもいいかげんそう願っている。

フィンランドはもう「夢の国」でも「理想郷」でも何でもない、不景気真っ只中の共和国である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中