反対デモが激化するフィンランドの難民受け入れ事情

前回の難民受け入れ大作戦から1カ月が過ぎようとしている。EU議会で分担制で難民を受け入れるようにと緊急可決があった後、世間の様相は段々と変化してきている。

何と言っても受け入れ人数が予想を遥かに上回り始め、滞在予定施設の近隣住民からは苦情などが相次ぎ始めた。

Pohjanmaan Kauhava(ポホヤンマーカウハヴァ)という人口1.6万人の町に設置した難民のための待機施設に、300名ほどの若い男性ばかりが来る予定のようだが、この施設の近隣に中学校があり、ここに通う女子中学生の親御さん達が「レイプの恐れがある」などと不安を募らせているという。

首都のヘルシンキや隣国スウェーデン国境にあるトルニオ市やケミ市などでは、難民受け入れ反対デモが繰り広げられ始めている。

一方難民の間では、どこの国へ逃れるのが良いかなどをSNSで共有しているようで、フィンランドに対してはもちろん賛否両論ある。
その反対派の意見で最も多いのが「フィンランド人は人種差別する」というものだ。その証拠に、国内をやや揺るがせた事件があった。

Lahti(ラハティ)という町にある臨時の難民待機センターへ到着した難民を乗せたバスや難民支援団体の赤十字社のスタッフなどに、花火や投石をしたり野次を飛ばした事件が起こった。このグループの中の一人は“Ku Klus Klan(KKK)”(白人至上主義団体)の恰好(白装束で頭部全体を覆う三角白頭巾)をしていたという。

これに対して大統領をはじめとする政府首相は、デモを非難している。特に外相でフィンランドの保守派(フィン人党)である Timo Soini氏は「KKKの恰好してフィンランドの国旗を持ってデモをしたことは遺憾である」とコメントしている。

こういう国内のデモが北欧諸国へ流れたため首相は「フィンランドは人種差別の国ではない」というネガティブなイメージを払拭しようと必死に北欧諸国のメディアへ働きかけていた

国内の警察当局も難民施設の周囲の警備を強化したりと、難民を受け入れる環境がだんだんと重々しくなってきた。

難民に対する経済負担額だが、フィンランドは、大きく2つに分けて難民施設に住んでいる場合とその他の住居に住んでいる場合とで分かれるが、どちらも同額に設定されていて、施設に住んでいる場合の食事の有無で金額が異なる。難民施設の場合は、1カ月当たり316ユーロ(食事なし)と93ユーロ(食事付き)。その他の住居の場合は316ユーロとなっている。

これは他の欧州諸国の難民受け入れ国と較べて、決して安くはなくむしろ高い方だと感じる。

このような社会保障が整えられているからこそ、難民受け入れに積極的になれるのだろう(先の北欧諸国間のメディアでは消極的と言われているが)。

今週始めに内務省は、この難民経済負担額にさらに6千万ユーロを追加する方向性を打ち出した。年内中には約1万5千人もの難民たちが入国すると言われ、難民申請のための諸々の手続きなどを含めると、政府の来年の予算案はまだまだ確定するには時間がかかると思われる。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中