フィンランド生活 ~食文化編~

よく「フィンランドでは何を食べているの?」と聞かれることが多いので、今回はフィンランドの食文化についてご紹介します。

日本では、サーモンやラズベリーなどがフィンランドの食文化として有名ですね。確かにサーモンは日常の食卓に幾度か出てきますし、ラズベリーを始めとするベリーの種類が豊富で、ジャムやジュースなどとしてこれもよく食卓に並べられます。

しかし日本であまり知られていないもの、それは「カレリアパイ」(Karjalan piirakka)というものです。

Photo 23-02-2013 15 52 33

これは茹でたじゃがいもや人参、そしてお米などをグラタンのように煮詰めてパイの中に入れて焼いたもの。

「カレリア」とは、フィンランド人にとって精神的な故郷とも言われる地方のことを指します。これは現在で言えば、フィンランドの南東部からロシアの北西部に広がる森林と湖沼地方に多く見かけられます。国民的な民間叙事詩「カレワラ」からこの名前が名づけられています(詳しくはWikipediaへ)。

ちなみにこの叙事詩は、日本語に翻訳されています。

小泉保訳 『フィンランド叙事詩 カレワラ』 (岩波文庫)

森本覚丹訳 『カレワラ フィンランド国民的叙事詩』、(講談社学術文庫) など。

個人的にはまだ読んでいませんが。。。原語でいつか読める日を夢みて?!

ということで、このパイはフィンランド人にとっては欠かせないもの。スーパーやパン屋さんの至るところで売っており、毎朝の食卓やおやつなどの際に食べます。

我が夫は、この上にソーセージやチーズなどを乗せてレンジでチンして食べています。中にお米が入っているので、日本人にとってはちょっとしたリゾットパイといったところでしょうか。私も最初これを口にしたとき、どこかで食べたことがあるような食感を感じました。味もホワイトソース風味なので、難なく食べられます。

フィンランドの食卓には、お米が登場するときが幾度かあります。このカレリヤパイ、そしてクリスマスのときです。

クリスマスの翌朝に、「ボレージ」という日本でいう「おかゆ」を食べます。その食べ方は、バターとシナモン、そしてお砂糖を柔らかく煮たお米にかけて食べます。う~ん、想像しただけで日本人にとってはちょっと食べられない代物ですよね。私も一度試しましたが、一度で結構でございました!

Photo 25-12-2011 08 16 58

スーパーにはこのような全粒粉のボレージ、しかもフルーツ味のものが売られています。

Photo 23-02-2013 11 51 57

もうこれは日本人の口には合いませんでした!

でもこのボレージ文化のお陰で、夫は日本のおじややお雑炊を食べ、また義父も先日スンドゥブチゲにご飯を入れたものを美味しいと言って食べてました。何の味付けをするのか、の違いなのかなぁ、とこのお米文化を見て思いました。

お米といえば、アジア諸国や南欧辺りの産地のものが売られています。我が家は食べなれたタイ米を買って食べています。

Photo 13-02-2013 16 42 43

あと特筆すべきものは、サーモンには「ディル」が欠かせないことでしょうか。日本で言うならば、お味噌汁やお蕎麦に「ネギ」が欠かせないというところ。サーモンスープやサーモンパイ、サーモンのお刺身など全てに「ディル」が付いています。

サーモンが代表的な魚ですが、ここでもニシンやほっけを手にすることができます。先日も義父がこの2つの魚を焼いてくれました。焼くといっても日本のような焼き魚ではなく、フライパンで焼くので少し小麦粉をつけてフライにします。ただの塩こしょうとオリーブオイルだけの調理でも、立派なおかずです。

ここでお分かりかと思いますが、魚とお米の食文化があるということは、日本と同じような食事を食べることができます。例えば「鮭おにぎり」や「鮭おじや」、フライ魚とご飯など。先日も「鮭おじや」を作ったところ、義父はスンドゥブよりも味がマイルドでこっちの方が美味しい!と言っていました。ちなみに使ったサーモンはスモークサーモン。塩けがほどよく効いていておじやの味にぴったり。「だし」は、粉末状のだしを日本から持ってきているので、それで作りました。

今や「グローバル食文化」といわれるぐらい、中華や和食が全世界で食べられる時代になりました。また母国の食材を手軽に他国へ持っていくことも出来るようになりました。しかし地産地消に代表されるように、その土地で取れたものをその土地で味わうのが、元来の食文化の楽しみであると思います。その点からいうと、フィンランドにおいては鹿やトナカイの肉がそれに当るかと思います。北国なので寒い冬の間の保存食として、これらの肉を燻製にしておいておくのが、昔の食文化だったといわれています。

フィンランドのキノコは、日本に比べて種類も豊富でサイズも大きい。ただし25年前のチェルノブイリ原発事故の影響で、キノコの放射能汚染が厳しく取り締まられ、今でも毎年秋になるとこの数値を測定し、食べられるキノコを選択しています。

野菜類はほぼフィンランド産ですが、トマトやアボガド類はスペインやメキシコ辺りからの輸入品産です。

野菜を筆頭に商品にフィランドの国旗が記されています。

Photo 23-02-2013 19 30 10

これは国産である証拠。よくみると、ほとんどの食材にこの国旗が付いています。

日本人も昔は「国産ブランド」に誇り高かったですよね。あんな感覚。それにこのサラダに限っていえば、水でもお湯でも洗わなくても食べられる、というのがフィンランド人の感覚。自分達の国土で捕れたものは、安全であることに間違いなし、という自信の表れでしょうか。

実際、先述したチェルノブイリ原発事故を受けて、食品検査の徹底を図ってきた歴史がこれを物語っているとも言えます。

 

フィンランドの食糧自給率は80%を超えるといいます。穀物自給率に関しては110%だといわれています。不毛な土壌が多い国土でありながら、この自給率の高さは日本と比べ物になりません。

人口は千葉県の人口と同じぐらいのおよそ530万人程度。国土の面積は日本の面積よりやや小さいぐらい。こうした環境の中、国としてどのように持続的な発展が行えるのか。食糧をはじめとして、経済、産業、そして人の育成。

こういったところ、少しずつ自分の目で確かめていきたいと思います。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中